2010年07月28日

日テレ・山本真純アナ、マンションから転落死…飛び降り自殺か

日テレ・山本真純アナ、マンションから転落死…飛び降り自殺か7月27日18時37分配信 サンケイスポーツ

山本真純さん

 日本テレビ山本真純アナウンサー(34)が27日、宮城県仙台市青葉区内のマンションから転落し、死亡した。警察は自殺とみて調べている。

 宮城県警の調べによると、山本アナウンサーは27日午前4時半ごろ、同区内のマンション前で倒れているのが発見され、まもなく死亡が確認された。

 山本さんは1976年生まれ、学習院大を卒業後1999年に日本テレビに入社し、報道番組やバラエティーなど多方面で活躍。2009年3月に一般男性と結婚していた。

 日本テレビ総合広報部は「亡くなられたのは事実です。ご冥福をお祈りいたします」とコメントしている。



posted by ぴかまま at 04:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女子アナ

2010年07月27日

サトエリ、すっぴん披露!意外にも童顔な素顔にびっくり!女優のすっぴん公開相次ぐ

サトエリ、すっぴん披露!意外にも童顔な素顔にびっくり!女優のすっぴん公開相次ぐ
2010年7月27日(火)12時57分配信 シネマトゥデイ

すっぴんを公開した佐藤江梨子

 女優・仲里依紗のすっぴん公開が記憶に新しいが、長身でスレンダーながらも豊満なバストを持つサトエリこと佐藤江梨子が、自身のブログですっぴん写真を公開した。

 佐藤は一見、掲載されたすっぴん写真とは関係のない内容のブログを26日に更新し、最後に「2010年夏。暑くて化粧が溶ける。ちなみに、すっぴん写真。」とさりげなくすっぴんであることを告白。掲載された写真には、普段のクールビューティーな印象はなく、意外にも童顔でチャーミングな笑顔を披露している。

 今月12日には、女優の仲里依紗も自身のブログですっぴん写真を公開。最近はそのほかにも、元モーニング娘。の安部なつみや、モーニング娘。の道重さゆみらのすっぴん公開が話題となり、女優・夏帆も8月4日に発売される最新の写真集ですっぴんを披露するなど、女優やアーティストの素顔公開が相次いでいる。ファンにとってはうれしいことだが、ある種ブームとなりつつあるすっぴん公開。いつまで続くのか見守りたい。

佐藤江梨子 オフィシャルサイト

Powered by thumbshots
2. 佐藤江梨子 オフィシャルブログ SatoEri Times
3. 佐藤江梨子のブログ『SATOERI TIMES』 powered by アメブロ
posted by ぴかまま at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

袴田吉彦結婚!グラドル河中あいと8・8入籍

袴田吉彦結婚!グラドル河中あいと8・8入籍7月27日7時52分配信 サンケイスポーツ

8月に結婚する袴田吉彦。ひと回り年下の美女を伴りょに選んだ

 俳優、袴田吉彦(37)が、12歳下でFカップを誇るグラビアアイドルの河中あい(25)と8月8日に結婚することが26日、分かった。袴田は来年1月スタートのNHK大河ドラマ「江(ごう)〜姫たちの戦国〜」に、重要な役で出演が決定したばかり。周囲には「家庭を持つので、結婚を機に、より一層、気を引き締めて仕事を頑張りたい」と話しているという。公私ともに飛躍の時を迎えた。

 多彩な役をこなして人気の袴田が、実生活でひそかに育んでいた愛を結実させる。

 複数の関係者の話を総合すると、2人が知り合ったのは約2年前。共通の友人たちの食事会の席だった。以来、気軽な友だち付き合いを続けていたが、袴田は河中の持つ癒し系の明るい雰囲気に加え、優しく物怖じしない性格に惹かれていったようだ。

 袴田が仕事や私生活の悩みなどを相談するうちに、今春から恋人関係に発展。2人きりで映画や水族館デートを楽しんだり、仲間内の食事会に参加するなどして愛を深め、1カ月ほど前に袴田がプロポーズ。河中は即座に快諾した。

 入籍日は末広がりで縁起のいい8月8日に決めている。袴田は周囲に、「友達が気軽に遊びに来られるような家庭にしたい。家族を持つことでより一層仕事を頑張っていきたい」と明かし、子供についても「できるだけ早く、できれば2人は欲しい」と話すなど喜びを隠せない様子。

 ただ、上野樹里(24)が主演する来年放送の大河「江」に、豊臣秀吉の弟、秀長役で出演が決まっており、現在、その準備の真っ最中。秀長は秀吉の右腕として活躍し、秀吉が天下を獲ってからも諸大名から頼りにされる物語上も重要な役どころとあって、9月からの撮影を心待ちにしている。このため、挙式や披露宴は、撮影が一段落するのを待って行う予定で、早くても来年以降になりそうだ。

 一方、90センチFカップでグラビア界を席巻した河中も、主婦になる準備を着々と進めている。俳優の妻として夫を支えるため、肉じゃがなど得意料理のレパートリーを増やす毎日。今後は仕事を続けるかどうかは未定。

 袴田はドラマ、映画、舞台で活躍する一方、現在放送中のサントリー・角ハイボールのCMでは女優、小雪(33)やお笑いコンビ「おぎやはぎ」と共演中。さわやかな魅力でさりげなく存在感を見せているが、よき理解者の美女を伴りょに得て、さらに幅広い活躍が期待できそうだ。
posted by ぴかまま at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

「定番」に「ひねり」も加味 警察ドラマ“戦国時代”

「定番」に「ひねり」も加味 警察ドラマ“戦国時代”7月27日7時57分配信 産経新聞

オダギリジョー主演の「熱海の捜査官」(テレビ朝日系)

 警察ドラマラッシュ、続く−。4月期に「臨場」(テレビ朝日系)など6本が混戦を繰り広げた警察ドラマは、7月期は7本に数を増やし、戦国模様が続いている。硬派ドラマが多い中で、金曜夜の「うぬぼれ刑事(でか)」(TBS系)、「熱海の捜査官」(テレ朝系)といったコメディー色の強い作品も登場。刑事ものの「定番」に「ひねり」も加味し、視聴者獲得にしのぎを削っている。(萩原万貴枝)

 ◆企画重視へ

 4月期は「臨場」が平均視聴率17・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で春ドラマ全体のトップとなるなど、小説を原作とした本格派警察ドラマが人気を集めた。7月期は同じ警察ものでも、人気脚本家や旬の俳優の組み合わせといった「企画」重視の傾向がうかがわれる。

 たとえば、「うぬぼれ刑事」は人気作「池袋ウエストゲートパーク」(TBS系)の脚本家、宮藤官九郎と長瀬智也が5年ぶりにタッグを組んだ作品。度を超えた恋愛体質の刑事を長瀬が演じ、けた外れの“うぬぼれぶり”が事件解決の突破口となるユニークな展開だ。

 「熱海の捜査官」(30日スタート)は、これもテレ朝の金曜ナイトドラマ枠で高視聴率をたたき出した「時効警察」の脚本家、三木聡とオダギリジョーが再タッグを組んだもの。個性際だつキャラクターたちの掛け合いを売りにするなど、警察ものの王道とは明確に一線を画す。

 このほか、堺雅人がゴールデンタイムで連ドラ初主演となる「ジョーカー 許されざる捜査官」(フジテレビ系)や、序盤3回の平均視聴率が15・8%と好調な「新・警視庁捜査一課9係」(テレ朝系)などがある。

 ◆なぜラッシュ?

 それにしても、なぜ警察ドラマラッシュは続くのか。

 ドラマ評論家で「テレビドラマベストテン10年史」などの著書がある進藤良彦氏は「警察ドラマは事件発生から捜査、逮捕という流れが視聴者に理解されており、制作側にとって設定面で過度の冒険をしなくても手堅い数字を取れるジャンル」と説明。「ラブストーリーやホームドラマなど、かつてヒット作が生まれたジャンルはすでにやりつくした感がある」とも付け加える。

 「うぬぼれ−」「熱海−」などの“変化球”について進藤氏は「警察ドラマの安定した型を利用し、視聴者の興味を確実に攻めながら、少しひねったものを投げて飽きさせない。したたかな計算が制作側にあるのでは」と分析する。

 ◆米でブーム先行?

 一方、「刑事(でか)マガジン」(辰巳出版)の宮島和宏編集長は「『警察ドラマは当たる』と日本の制作陣に思わせたのは、米国ドラマ『24』や『コールドケース』だ」と指摘、ブームは海外が先行しているとの見方を示す。

 国内で呼び水となったのは、テレ朝系の「相棒」だという。「筋立てに加えてキャラクター設定の面白さが受け、2時間ドラマから連ドラのシリーズ化、映画化にまで“大化け”した。ヒット作を願う局にとって、『相棒』に続け−は大きな目標になっているのでは」(宮島編集長)。

 「熱海−」の横地郁英ゼネラルプロデューサーは「1年前の企画立ち上げ時には、現在の警察ドラマの多さは想定していなかった」と当惑の表情もみせながら、「世界観を工夫して、他のドラマとは違う色合いを出したい」と力を込めた。サバイバルに勝ち残るのは、どの刑事か。

 ■今夏スタートの警察ドラマ 

    作品名         放送局・時間       主演 

ハンチョウ 神南署安積班   TBS系月曜20時    佐々木蔵之介 

ジョーカー 許されざる捜査官 フジ系火曜21時     堺雅人 

新・警視庁捜査一課9係    テレ朝系水曜21時    渡瀬恒彦 

科捜研の女          テレ朝系木曜20時    沢口靖子 

警視庁継続捜査班       テレ朝系木曜21時    木村佳乃 

うぬぼれ刑事         TBS系金曜22時    長瀬智也 

熱海の捜査官         テレ朝系金曜23時15分 オダギリジョー
posted by ぴかまま at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ

ついに路線変更を決断した長澤まさみ

ついに路線変更を決断した長澤まさみ
2010年7月26日(月)18時0分配信 リアルライブ

 デビュー以来、清純派女優として売り出してきた長澤まさみだが、昨年ついに女優としての“壁”にぶち当たってしまった。

 「昨年4月からTBS系で放送された出演ドラマ『ぼくの妹』は平均視聴率8%。6月公開の主演映画『群青 愛が沈んだ海の色』は原作の激しい濡れ場を封印した結果、9日間の公開で興行収入わずか2000万円。11月公開の『曲がれ!スプーン』はまったく話題にならず。『群青 愛が沈んだ海の色』と『曲がれ!スプーン』で映画雑誌が主催する『HIHOはくさい映画賞』の最低主演女優賞に選ばれてしまった」(芸能記者)

 今年の春ごろには、来年公開の山岳映画「岳−ガク−」の役作りのためにダイエットし激やせしたにもかかわらず、「『彼女はクスリをやっているのでは?』といううわさが飛び交った」(同)というだけに踏んだり蹴ったりだったが、現状を打開するため、7月にスタートしたフジテレビ系ドラマ「GOLD」ではついに路線変更した。

 「ヒットメーカーの野島伸司脚本で天海祐希主演の社会派スポ根ドラマ。正直、ドラマの内容はイマイチで視聴率は初回12.3%から右肩下がりで第3話が10.1%。そんな中、長澤は“おバカキャラ”を見事に演じきっている」(民放のドラマ関係者)

 長澤が演じるのは、天海演じる一部のスキもなく完璧なドS社長の秘書で、舌っ足らずなしゃべり方が役にハマっている。

 「今年の春ごろに比べてかなり健康的な体型に戻っている。せっかく水着になるシーンもあったが、露出の少ない水着。あそこでもうひとがんばりすれば視聴率が跳ね上がった可能性もあったのだが」(同)

 今後、ファンが期待するのは推定Fカップと言われる巨乳の解禁に違いない

ナゼか業界に吹き荒れる、長澤まさみ叩き

長澤まさみ まさかの負け組?
posted by ぴかまま at 08:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

注目番組の視聴率

注目番組の視聴率
2010年7月23日(金)10時0分配信 日刊ゲンダイ
-
有働由美子「セックスレス」の次は「子供の性」

《9.7%》

 有働由美子がメーンの「あさイチ」(NHK)が14日放送でまたまた挑戦した。

 話題になったのは「セックスレス特集」だが、この日のテーマは夏休み目前ということで「子供をとりまく性」。

 パソコンのアダルト画像を見てしまう子供の対策、モバイルのサイトで男と知り合った女子高生のリポートなどだが、ぼかし付きの太もも、股間の画像などが映し出されて、NHKとしては再び冒険していた。

 この日の有働は「セックス」の代わりに何度も「性」を口にしてマジメな顔で子供たちのエッチな環境を議論。視聴率9.7%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)はまあまあか。

 次はどんなテーマにチャレンジするのか。


堺雅人演じる現代版「仕置き人」は伸び悩む

《13.9%》

 テレビ朝日以外の刑事ものとして注目の夏ドラマは「ジョーカー 許されざる捜査官」(フジテレビ)。主演・堺雅人で2つの顔を持つ刑事を演じている。昼は温厚で物腰の柔らかい男だが、夜になると一変し、凶悪犯に鉄槌を下す冷酷な刑事に変身する。いわば、現代版の「仕置き人」。

 こういう役柄はメリハリが大切だが、堺は根っからの温厚な面を隠し切れず、「仕置き人」になってもいい人に見えてしまう。まだまだ力量不足か。初回視聴率は13.9%と案の定、伸び悩んだ。

 キッチリと15%以上をキープしている「新警視庁捜査一課9係」(テレ朝)などと比べても、作り込まれていない印象もありありだ。

(日刊ゲンダイ2010年7月20日掲載)

posted by ぴかまま at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率

2010年07月26日

さんま、中越典子との“再婚報道”に言及「2人でデートは1度もない!」

さんま、中越典子との“再婚報道”に言及「2人でデートは1度もない!」7月26日7時12分配信 オリコン

 先ごろ、一部夕刊紙で女優・中越典子との“再婚”を報じられたお笑いタレントの明石家さんまが24日、大阪・毎日放送ラジオ『MBSヤングタウン』(※関西ローカル)で心境を語った。番組冒頭の10分間、さんまは再婚報道を喜びつつも「1度も2人でデートしたことはない」とキッパリ。さらには「(中越と)エッチしたいんです!」と思いのたけを告白したものの、過去に中越が事務所の後輩と噂になったことを気にしているようで「言いにくいね……」と複雑な胸中を明かした。

 過去、何人もの女性と浮名を流してきたさんまは「(報道は)見てないし、記事を読んでもいない。でも、過去のオネエちゃんとかから、メールがじゃんじゃんきている」と、その反響にビックリしている様子。中越は、さんまの冠番組『あっぱれ!!さんま新教授』(現在は終了)に出演していたことから「舞台を観に来てくれた。(番組出演者らで)食事にも行った」と交流があったことを認めた。最後には、彼女に対して「せっかく噂になったし、チューだけでも(したい)ね」と切実!?な願いを口にしていた。

)理想の親子ランキング、関根親子が3連覇 〜渡辺謙家族も
posted by ぴかまま at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

<龍馬伝>暗殺の黒幕は?第4部はミステリー 前半最終回の福山、香川、大森の涙は「本物の芝居」

<龍馬伝>暗殺の黒幕は?第4部はミステリー 前半最終回の福山、香川、大森の涙は「本物の芝居」7月25日9時1分配信 まんたんウェブ

 福山雅治さん主演のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の第3部がスタートした。福山さんが自ら「若手芸人のよう」と語る体当たりの演技や、香川照之さん演じる岩崎弥太郎の“汚れ”っぷりのほか、武市半平太役の大森南朋さん、岡田以蔵役の佐藤健さんに話題が集まり、今まで以上に注目度の高い同ドラマの鈴木圭チーフ・プロデューサーに、これまでの手応えや、4部で描かれる龍馬暗殺のシーンまでを聞いた。(毎日新聞デジタル)

−−ここまでの手応えは。

 「大河ドラマを変えたい」という、スタッフの気持ちを集結して力を注いできた。それを、いろんなところに取り上げていただいて間違いなく世の中の龍馬ブームのような手応えを感じた。1部、2部としては上々の滑り出しだったのではないかなと思っています。

−−「大河ドラマを変えたい」というのは。

 かつらとか、扮装(ふんそう)にしてもそうですけど、今までの作り物的な幕末のドラマではなくて、リアルな幕末の群像を描きたかった。映像でも、今までの大河の決まり切ったパターンを崩したいということもあって、いろいろチャレンジしました。大河(ドラマ)も49作目、(11年にスタートする)『江(ごう)〜姫たちの戦国』で50作目ですから、実はネタも一巡して出し尽くしたところもあります。龍馬も2回目で、40年以上前に1回やっている。大河も飽和期というか、来るところまで来ているところがあって、どんな新しいものができるかというところが今回のスタート地点だった。(物語の)まだ半ばですが、1部、2部では、その(新しい)スタイルに手応えはあるなっていう感じはしてるんです。

−−変えることに局内で反対意見は。

 意外と現場に任されているんですね。(放送されたものの)結果については言われますけれど、やることについてそんなにめちゃくちゃ反対されるってこともないです。スタッフの総意で進めていきました。

−−もっとも力を入れてきたところはどこでしょう。

 やっぱりビジュアルだと思いますね。福山さんという人を真ん中に置いて、いろんな意味で格好いい歴史上のキャラクター、格好いい龍馬を作るっていうこと。もちろん(龍馬の)周りの人たちもですが。ビジュアルというのは見せかけだけじゃなくて、そこから来る本物の芝居。格好いいビジュアルで本物の芝居を撮る。そこがいちばん力を注いだところだと思います。

−−1部、2部で満足しているシーンは。

 ぱっと浮かぶのは(2部の)最終回の、龍馬と弥太郎と武市が、ろうや越しに抱き合うという感じ。つまり、龍馬伝の前半戦は、龍馬と弥太郎と武市の話で走っていくっていう骨格で、あのシーンで前半戦のゴールを迎えたんです。(俳優たちの)積み上げてきたものがあって、単純にそのシーンのせりふを覚えてどうとかじゃない。ずっと一緒にやってきた(福山さん、香川さん、大森さんの)3人の関係、撮影中や、撮影後の飲み会とか食事を重ねて親ぼくを深めてきたいろんな友情関係の厚みがあって、『本当にこいつが死んじゃうんだ』ということに対して流す涙は、芝居というレベルではなく胸を打つものがあるし、本物の芝居というものを追求してきた龍馬伝の極致だったような気がします。

−−岡田以蔵役に若手の佐藤健さんを起用するなど、キャスティングも話題です。

 キャスティングで決まっちゃいますので、いちばん心血を注ぐところではあります。(キャスティングは)化学反応、食い合わせみたいなところがあって、マッチングの問題なので、福山さんとどういう人をぶつけるとお互いに輝くのかと考えていきました。(難しいのは)従来のイメージを変えるっていうところですね。(打ち合わせなどで)『この役だったら、この人は普通だけどね。龍馬伝ではやめよう』ってよく言っていた。“福山龍馬”もですが、岡田以蔵は従来のパターンでキャスティングしたら佐藤健君が演じることはあり得ない。萩原健一さんや勝新太郎さんという、もっとワイルドでごつごつした人がやってきた役だし、一般的なイメージも同じ。それをナイーブな優しい以蔵を作ると、いい意味でひねくれながら(決めた)。僕も大友(啓史チーフ・ディレクター)もなんとなく普通にやるのは嫌だっていう……(笑い)。(パターンに陥らず)不協和音とか、そこから新しいものが生まれてくる可能性を探りたいっていう意図が働くんです。

−−福山さんに対する期待は、撮影が始まる前とあとで変わりましたか。

 福山さんは日々進化している。最初は狙い通り、ナイーブで悩んだりもする等身大の龍馬を、まさにナイーブな福山さんが演じているという良さが出た。回を重ねて、どんどんワイルドな龍馬だったり、もっとしたたかな龍馬だったりと、力強さのようなものが付加されて、いまや彼(福山さん)が龍馬だという感じ。(龍馬が)乗り移ってる感じがある。福山さん自身が、龍馬の成長、龍馬像の移り変わりを非常によく考えているし、僕らともディスカッションしたがって話をしている。福山さんの変ぼうとか思いみたいなものと台本の中身はなるべく連動させていっています。

−−福山さん以外に印象的だった俳優さんは。

いっぱいいるんですけど……。吉田東洋役の田中泯さんは、期待以上に視聴者の方がびっくりしたっていうか。ダンサーの方ですから一般に俳優さんとして知られた方ではない。『誰ですかあの人は!』みたいな反応がうれしかったですね。すごい反響が大きかったんで。一番最初に(反応が)来たのはもちろん弥太郎さんなんですけど。

−−25日の放送で登場するカステラ作りなど、フィクションを入れるときに気をつけていることは。

 史実を素材に膨らませること。(カステラ作りは)龍馬ファンはご存じのように、実際に海援隊がカステラを作ったレシピが残っている。そうすると、どこかで(カステラ作りを)やったんだろうなと。で、それは(いつどんなときか)特定できないわけですよね。(そういった)非常に抽象的な史実を具体的に使用して、膨らませて、面白くしていくことを大河ドラマで心がけなきゃいけない。全くのウソ(フィクション)じゃなくて、寄って立つもの(史実)があって大ウソ(大きなフィクション)をつくっていう感じです。

−−例えばどんなフィクションがありますか。

 最近でいうと、龍馬が土佐に戻りました。土佐に戻って後藤象二郎に会い、武市を救いに行く。(その期間は)龍馬ファンにはすごく有名な空白の4カ月。龍馬って本当に研究が進んでいて、日割りで年表があるんですが、あの期間はない。そういうところこそ、フィクションとしてはおいしいところで、なにをやっても許される想像の範囲というか。龍馬伝ではそういう(フィクションとして)膨らませたところがうまくいっている。3話で弥太郎と龍馬が関所越えをする話も全くのフィクションです。でも龍馬はあのとき江戸に修行に行っていて、ちゃんと道筋とかはリアルにやっているわけです。そこに弥太郎をくっつけて、弥太郎が偽手形を作るという話を創作して膨らませた。史実のすき間をぬっていくというか、そこはドラマとして視聴者の人も楽しんでいただけるとうれしいなと思います。

−−第4部ではいよいよ暗殺が描かれます。

 (暗殺は)最終回。暗殺犯は京都見廻(みまわり)組だというのは大体分かっている。ドラマの焦点は、実行犯ではなくて、黒幕が誰だったのかっていうところ。誰が殺させたのかということが、ミステリーとしては最大に面白い。10本の指では足らないほど、龍馬を殺してもおかしくない人たちっているんですよ。第4部はそこ(暗殺)に向けてのカウントダウンなので、第4部に入ったらもう出てくる人出てくる人すべて動機を持っているというような作りになっていくと思う。(すでに出演しているキャラクターも)いろんな人たちが(黒幕で)ありえる。ほとんどの人たちがあり得るといってもいいかもしれないですね。

posted by ぴかまま at 05:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』

理想の親子ランキング、関根親子が3連覇 〜渡辺謙家族もTOP3へ急上昇

理想の親子ランキング、関根親子が3連覇 〜渡辺謙家族もTOP3へ急上昇7月25日11時15分配信 オリコン

理想の親子」として支持され続ける関根勤パパと娘・麻里 

 5月の第2日曜日が「母の日」、6月の第3日曜日が「父の日」。

そして本日、7月の第4日曜日は親と子の関係を見つめ、命を授かったことに感謝しようという理念から「親子の日」とされている。

そこでORICON STYLEでは今年で3度目となる『理想の親子ランキング』を発表。「屈託なく話せる親子関係は理想」(大阪府/40代/男性)と、テレビで見受ける仲睦まじい様子が支持された【関根勤/関根麻里】親子が堂々の3連覇を達成した。続く2位には「離婚をしたのに、とても仲が良さそう」(東京都/40代/男性)と【明石家さんま・大竹しのぶ/IMALU】親子。そして3位には【渡辺謙/渡辺大・杏】親子が急上昇。ハリウッドスターとして活躍する父と、俳優・女優として活躍が目覚ましい子ども達の個々の活躍ぶりが支持され、昨年の10位から順位を上げた。

■“友達同士”のようなオープンな親子関係に憧れ

 共にタレントとして活躍中し、度々テレビで共演している姿も見かける関根親子。ユーモアたっぷりな父親と笑顔が愛らしいしっかり者の娘が並ぶ姿は「友達親子な感じが羨ましい」(愛知県/20代/女性)という意見が多数。まだ家族を持たない10代からも、実際に親となった30代、40代からも「お互いに愛情と尊敬を持っているのがよく分かる」(福岡県/30代/女性)との声があがり、まさに“理想の父・娘”といったところ。また、同様の理由として4位に【松田聖子・神田正輝/神田沙也加】親子が登場。番組で共演している母子の姿を「姉妹のようで、私自身も娘とあんな関係でありたい」(愛媛県/40代/女性)と、同性からの支持が高かった。

■家族でありながら“程よい距離感”に共感

 明石家さんま親子が2位に選ばれた理由は、1位の関根親子とは少し異なり、「干渉しすぎず、見守っていて素敵だと思う」(東京都/20代/女性)や、親子共演は無いものの「お互いのことを別々の番組などで楽しそうに話しているから」(神奈川県/10代/男性)など、つかず離れずといった“程よい距離感”が理想とされている様子。さんまと大竹の結婚生活は1992年に終止符が打たれてはいるものの、「両親が離婚していても、子どもも含めて仲が良さそうなのがとてもいい」(新潟県/10代/女性)と、消えない“家族の絆”を感じている人も多いようだ。

■“七光り”とは言わせない存在感と演技力を評価

 そして今回のランキングで急上昇したのが、【渡辺謙親子】。映画『ラストサムライ』以降、『SAYURI』やレオナルド・ディカプリオとの共演が話題を集めている、『インセプション』(公開中)などハリウッド俳優としての父・渡辺謙の活躍は言うにおよばず。長男・渡辺大は俳優としてドラマ『臨場』(テレビ朝日系)などに出演、長女・もモデルまた女優として活躍する姿に「それぞれの道を上手く歩んでいると思う」(新潟県/30代/女性)や「親の“七光り”とは思えない実力がある」(北海道/30代/女性)など、俳優業を突き進む子供たちの姿が賞賛されている。7位の【松本幸四郎/市川染五郎・松本紀保・松たか子】親子、9位の【三國連太郎/佐藤浩市】親子も同様の理由でTOP10入りとなった。

 どの親子も愛情の深さを感じさせつつ、互いを尊重し合う、ほどよい距離感も維持していることが“理想”という声が多かった今回のランキング。家族として生を受け、改めて関係性を見直したり、感謝の気持ちを伝えることは気恥ずかしいものだが、1年に1回の“親子の
posted by ぴかまま at 05:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2010年07月25日

ドラマ「夏の恋は虹色に輝く」会見で松本潤がツンデレ告白!

ドラマ「夏の恋は虹色に輝く」会見で松本潤がツンデレ告白!
2010年7月19日(月)12時0分配信 ザテレビジョン

フジ系で7月19日(月・祝)にスタートするドラマ「夏の恋は虹色に輝く」の制作発表記者会見が7月12日、都内で行われ、松本潤竹内結子沢村一樹、笠原秀幸、伊東四朗、松坂慶子らが出席した。

同作は、大物俳優を父に持つ売れない二世俳優・楠大雅(松本潤)が、訳ありの年上美女・北村詩織(竹内結子)に恋をするラブストーリー。松本は“月9”初主演となる。

松本は、“ツンデレ男子”という大雅の役作りについて、「僕はツンデレな部分もあるでしょうが(笑)、大雅の役作りでは“ツンデレ”ということはあまり意識せず、俳優としての仕事がないこととか大雅の置かれた環境を意識して演じて、それが結果的にツンデレに見えるようになればいいなと思っています」と語る。

そんな松本に、共演者もそろって好感を。竹内は、「撮影前はうまくやっていけるかなと内心心配していたんですが、本当に気遣いの上手な方で、楽しくやっています」と早くも息が合った様子を見せた。

詩織に恋する大雅の兄・大貴を演じる沢村は、「松潤と兄弟役で、しかも恋敵という役どころ。実は恋愛ドラマは苦手ですし、役作りに迷っていました」とプレッシャーもあったよう。だが、その後吹っ切れたようで、「竹内結子さんとお会いした時に『ああ、この人となら!』と(笑)。この夏は全力で竹内結子さん演じる詩織さんに恋してまいりたいと思います!」と宣言した。

大雅の親友・慶太を演じる笠原は、松本と共演し「興奮しています! 刺激的で」とあやしい(?)コメント。それに対し松本は「歳も一緒で、意気投合して楽しくやっています。…僕は興奮はしていませんが(笑)」と返す。

大雅の母・真知子役の松坂も、「松潤さんのお母さん役ということで、わたしには事件です!」と松本との共演にこちらもまた興奮。続いて「いつもすてきで王子様みたいな松潤さんなので、平常心で芝居できるかしらと思っていたんですが、(松本が)自然体の息子でいてくれるので、わたしも自然に演じられています」と明かした。

<夏の恋は虹色に輝く>松本潤が“月9”初主演 初回の平均視聴率は15.7%
posted by ぴかまま at 04:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ

月9初出演! 桐谷美玲がプライド高き女優を演じる!!

月9初出演! 桐谷美玲がプライド高き女優を演じる!!

2010年7月19日(月)11時57分配信 ザテレビジョン

月9初出演、宮瀬桜役の桐谷美玲

フジテレビ系で7月19日(月・祝)にスタートする新ドラマ「夏の恋は虹色に輝く」の制作発表記者会見が12日、都内で行われ、モデルで女優の桐谷美玲が出席した。

同作は、大物俳優を父に持つ売れない二世俳優・楠大雅(松本潤)が、ある問題を抱えた年上の訳あり美人・北村詩織(竹内結子)に恋をするラブストーリー。

頭でっかちで理屈っぽい今どき男子が、悩みなどを笑って吹き飛ばす元気な女性と出会い、恋に仕事に奮闘する姿を描く。桐谷は、プライドが高く、仕事に対してのプロ意識が高い女優・宮瀬桜を演じる。

桐谷は「初めて“月9”に出演させていただくので、本当に緊張しながら撮影しています。キャストやスタッフの皆さんに支えられ、夏らしく楽しく、元気に明るく、自分自身楽しんでやって、それをみなさんに伝えていけたらと思います。すごく勉強になることもたくさんあって、毎日楽しく現場をやらせていただいています」と緊張した様子でコメント。

また「わたしの演じる宮瀬桜は、プライドが高くて、気が強い女の子なんですけど、詩織さん(竹内)とのやりとりの中で、素の自分や優しい一面を照れ隠しで見せたりする、かわいらしい一面があるので、そういうところを大事にしながら演じていきたい」と役作りについて語った
posted by ぴかまま at 04:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ

2010年07月24日

ダメ夫で心のバランスを保つ、宮崎あおい

ダメ夫で心のバランスを保つ、宮崎あおい
2010年7月23日(金)15時0分配信 リアルライブ

 6月の末に公開になった主演映画「さんかく」(監督:吉田恵輔)が、思わぬ高評価を得ている俳優の高岡蒼甫

いままで「パッチギ!!」や「ROOKIES」、「クローズ ZERO」などケンカっぱやい不良ばっかり演じてきた高岡だが、恋人とその妹の間で揺れ動くダメ男・百瀬という役柄が、いつになくイメージに合っている。この映画のPRでテレビに出まくり、「妻ありきの自分」を強調してきた高岡。ヘマばっかりするが、実は彼の「ダメ夫ぶり」が若き国民的女優の心の支えだったりもする。

 「さんかく」の公開時、TBS系の「チューボーですよ!」など、バラエティ番組に出演した高岡蒼甫。チューボーでは「ナスのグラタン」をつくる傍ら、腕立て伏せを50回させられたり、司会の(巨匠?)堺正章の小芝居につき合わされたり。マチャアキがいつになく気に入った様子。この若手俳優は、まぎれもなく押しも押されもせぬ国民的大河女優・宮崎あおいの夫。

堺と「親分」と「子分」の立場を逆転しながら鍋をかき回すアドリブの勘のよさなど、テレビ的にも扱いやすい。

 今回映画公開前にPRで走りまくって疲れてしまい、大事な舞台挨拶で貧血を起こして壇上からヨロけてしまった高岡。意地悪な世間は、すぐ「薬物に手を出したのでは?」などと勘ぐってしまう。高岡は今となっては役者として成功したが、育った家庭環境に恵まれず、10代〜20代前半の頃は貧しさゆえ放浪した苦労人。未成年の犯罪を扱った過去の出演作なども響いてか未だにイメージが悪いのも確かだが、生きるために必死だった過去に不良だったとしても不思議ではない。高岡はつい最近まで(というかあおいと結婚するまで)道端の石ころのように貧しく、さほど注目もされない俳優だったのだ。しかし苦労した彼に他の俳優にはない魅力があるのも確かで、若くして過剰な名声を得て、なにもかも完璧を求められる宮崎あおいが彼に惹かれた気持ちは少し分かる。

 どんなに表面を上手く繕っても、いつどんな形で世間が自分をバッシングするか分からない芸能界。若くしてトップに登りつめ、ギリギリの状態を保っている宮崎あおいのストレスは相当なもの。実は宮崎は、アジアの児童買春を扱った問題作「闇の子供たち」(監督:阪本順治)に進んで出演したり、世界の危険地帯を旅したり、おだやかな表面に似合わず内面はかなり熱く個性的。しかし国民的女優の立場上、何かを強く主張する事もなくひたすら「いい子」を演じて生きている。そんな国民的女優・宮崎あおいでも、女たらしでほころびだらけの高岡蒼甫を夫にしている間は、彼が負の部分を全部吸い取ってくれるので、たとえば宮崎自身がボロを出しても、自分が批判される事はない。彼女がそうなったのは何もかも夫が悪いという事になるからだ。

 考えてみると彼女にとって、こんなに都合よく、居心地のいい相手はいない。可愛くて、演技が上手くて、品行方正。女優として妻として完璧な宮崎あおいが鏡に写したダメ夫の高岡蒼甫。そして夫は世間の批判をものともせず、ひたすら我が道を行き打たれ強い。これが彼女にとって心地よく、夫がダメであればダメであるほど自分は安心するので、宮崎はますます彼を手放すことはないだろう。世間が何と言おうと、女優・宮崎あおいは、高岡のダメぶりで心のバランスを保っている。ダメ夫なくして、彼女のパーフェクトはありえないのだ。(コアラみどり)

posted by ぴかまま at 06:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

ドラマの見どころ!】低視聴率王子・速水もこみちの教師が、爪も切らない小公女セイラに頼る。『ハンマーセッション!』

ドラマの見どころ!】低視聴率王子・速水もこみちの教師が、爪も切らない小公女セイラに頼る。『ハンマーセッション!』
2010年7月22日(木)21時0分配信 リアルライブ

 今日の【ドラマの見どころ!】は、速水もこみち主演『ハンマーセッション!』(TBS系)。

手足が長い長身に、日焼けした男前の小顔を乗っけた速水もこみち。彼はたとえ視聴率が取れなくてもしぶとく主役をはり、そして誰からも文句を言われない。イケメンで売ってるわりには男からも好かれる、めずらしいタイプの俳優でもある。いままでは演技が下手でも「もこみちだからOK!」と許されてきたが、そろそろ演技のできる大人の俳優としての転換期。そこで助けてもらおうと頼ったのが、アノ爪も切らないというズボラな小公女セイラでありました。

 脱走中の天才詐欺師・音羽4号(速水もこみち)は同じく脱走して指名手配中の麻布10号(六平直政)と本物の蜂須賀悟郎(はちすか ごろう)・ロク(村上健志・フルーツポンチ)の助けを借りて光学園という高校の教師になりすます。校長の水城賢一(小日向文世)から荒れた学園の建て直す依頼を受け、うまいこと数学教師として3年B組の担任になった蜂須賀は、立花楓(志田未来)ら生徒たちに心の壁を打ち砕く「ハンマーセッション」を仕掛けるのだが…。

 校長・水城の娘で国語教師の涼子(比嘉愛未)も一応ヒロインだけど、主人公・悟郎にとって大事な役割をするのは、生徒の楓ちゃんを演じる志田未来。ちょっと前は、「小公女セイラ」だった彼女は舌の根も乾かないうちにまた土曜の8時に帰ってきたの。この子をW主演にしておけば自然と演技が上手く見えて、もこみちも安心ね。ドラマのストーリー以上に彼を助けてるかも。楓は今どきの女子高生だけど、急に現れた担任教師の悟郎が他の大人と違うところに気がつく。友達にギターを買ってあげたくて万引きをくりかえす少女のために一生懸命になる楓。毎回クラスのもめごとに首をつっこむ彼女のおせっかりぶりがこの先も楽しみだわ。

 今村昌平(麻布10号)の六平直政といい、ロクのフルポン村上といい、原作漫画のファンとしては、イメージそのままに登場してくる他のキャストが楽しい。夏休みにはもってこいの学園モノだし、ベタな青春ドラマとして見れる作りも悪くない。比嘉愛未もカワイイし、さらに速水もこみちと志田をはじめ若い子たちとの相性もばっちりだ。さあ、もこみちよ、今度こそ視聴率をガンガン稼いで、ジャニーズ帝国からやってきた同じ低視聴率ドラマ王子・カメ○シ君との戦いに大きく差をつけるべし。負のツートップとして、今回が勝負どころね。(チャッピー)

posted by ぴかまま at 06:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ

2010年07月23日

石原さとみは裏方がお好き?

石原さとみは裏方がお好き?
2010年7月23日(金)18時0分配信 リアルライブ

 石原さとみが7歳年上のカメラマンの江森康之氏と交際していることが分かった。今週発売の写真誌「フライデー」が報じている。

 同誌によると、石原が出演し今年2月に公開された映画「人間失格」のオフィシャル写真集を江森氏が手がけたことで交際に発展。

 石原が江森氏の自宅マンションから所属事務所の車で仕事に向かうなど、石原の事務所も“公認”の関係で、ディスカウントストアで仲むつまじくデートする写真が掲載されている。

「石原はデビュー以来、清純派のイメージで売って来た。石原と同じ事務所が綾瀬はるかが大沢たかおと“密会”していた時と同じようにしっかり事務所の車で送り迎えして、交際を“管理”している」(芸能プロ関係者)

 同誌の取材に対して石原の所属事務所は「仕事仲間の1人です」と交際を否定。江森氏は「恋人とかではなく…、フランクな知り合いというか…」と微妙なコメントだったが、石原の男性スキャンダルは今回が2回目で、前回もお相手は江森氏と同じように、芸能界では裏方にあたる男性だった。

「お相手は当時のマネージャー。かなりのイケメンで、白昼堂々、自転車に2人乗りして、石原がマネージャーの背中に寄りかかって幸せそうな笑顔をみせたり、時間を忘れておしゃれなカフェで談笑する姿が06年5月に写真誌に掲載された。しかし、社内的には“ルール違反”なので、そのマネージャーはすぐに配置換えされ破局した」(芸能記者)

 舞台や映画では大胆な濡れ場に挑戦し清純派からの脱皮を図っている石原だけに、江森氏との恋が仕事のエネルギーになっているようだ。

石原さとみ イケメンカメラマンと熱愛浮上

石原さとみが本格女優宣言!つかさん、井上さん、早すぎる恩師の死
posted by ぴかまま at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | リアルライブから

石原さとみが本格女優宣言!つかさん、井上さん、早すぎる恩師の死

石原さとみが本格女優宣言!つかさん、井上さん、早すぎる恩師の死
2010年7月20日(火)20時40分配信 シネマトゥデイ

今の思いを明かした石原さとみ

 女優の石原さとみが主演を務めた舞台「幕末純情伝」の劇作家つかこうへいさんの逝去後初めてウェブ日記を更新し、演技への真摯(しんし)な態度を見せた。

 石原は約3週間ぶりとなる日記の更新でつかさんのことには触れなかったものの、「いい芝居を、いい時間を、悔いが残らないよう、これからもずっと懸命に取り組んでいきたいと思います。だからどうか皆さん側で見ていて下さい(^-^)」と今後の女優としての活動への意気込みを表明。現在出演中のドラマ「逃亡弁護士」の進ちょく状況も報告した。映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』『漫才ギャング』など話題作への出演が相次ぐ石原の今後に期待大だ。

 石原はつかさんの舞台「幕末純情伝」の沖田総司役で主演を務め、つかさんから今後の舞台のオファーをもらっていたことを明かしていた。また、石原は今年逝去した井上ひさしさんの昨年の舞台でもヒロインを演じており、恩師ともいえる二人の早すぎる死に思うところがあったのかもしれない。

 舞台という共演者とも観客とも直接かかわる空間だからこそ、石原にとってつかさんはより大きな存在であったはず。今後の舞台出演などはまだ明かされていないが、石原が舞台に立ち続けることが何よりも供養になるのは明らか。気持ちも新たに、また女優としてのステージを上がっていく。

タグ:石原さとみ
posted by ぴかまま at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

好きな「女子アナ」トップは高島、中野は意外に不人気?

好きな「女子アナ」トップは高島、中野は意外に不人気?
2010年7月22日(木)12時36分配信 J-CASTニュース

週刊文春2010年7月22日号(7月14日発売)で公開された女子アナの人気ランキングが話題になっている。

好きな女子アナと、嫌いな女子アナをそれぞれ2000人に聞いたもので、調査は06年、08年、09年に続き4回目。

好きな女子アナ部門では、高島彩さん(フジテレビ)が4連覇。355票を獲得し、2位の西尾由佳理さん(日本テレビ・143票)や3位の滝川クリステルさん(フリー・111票)らを大きく引き離した。

一方で、嫌われている女子アナは誰だろうか。ワースト1位の中野美奈子さん(167票)を筆頭に、2位高橋真麻さん(150票)、3位高島彩さん(139票)、4位平井理央さん(131票)と上位4人はいずれもフジテレビ所属の女子アナがランクインした。

文春はランキングの傾向について「アイドル離れ、事務系台頭」と分析している

posted by ぴかまま at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女子アナ

吹石一恵、涼しげなドレスで『ゲゲゲの女房』舞台あいさつに登場!「避けてた」発言にクドカンショック!

吹石一恵、涼しげなドレスで『ゲゲゲの女房』舞台あいさつに登場!「避けてた」発言にクドカンショック!
2010年7月21日(水)20時45分配信 シネマトゥデイ

肩と足を涼しげにセクシー露出! 吹石一恵

 映画ゲゲゲの女房』の完成披露試写会が21日、第32回ぴあフィルムフェスティバル開催中の東京国立近代美術館フィルムセンターで行われ、吹石一恵、宮藤官九郎、そして鈴木卓爾監督が舞台あいさつに登壇した。

 お見合いから5日後に結婚し、当時無名だった水木しげるを支え続けた妻・布枝の同名自伝を原作に、水木が有名漫画家になるまでの夫婦の軌跡を描いた本作。今年は水木の米寿(88歳)に加えて、創作活動60周年を祝すメモリアルイヤー。すでに松下奈緒と向井理がダブル主演するNHK朝の連続テレビ小説が高視聴率を記録しており、こちらの映画版も大きな盛り上がりを見せようとしている。

 主人公・布枝を演じた吹石は、猛暑を吹き飛ばすような涼しげな色使いのドレスで登場。宮藤演じる夫・茂とは出会ってすぐに結婚するという設定ゆえ、「必要以上に会わないようにしていました。慣れすぎてはいけないなと思って」とコメント。しかし、そんな吹石の思いをよそに、宮藤は「結構会っていたつもり。今、初めて知りました(笑)」と驚いていた。

 そんな宮藤は撮影に入る前、役作りのために水木本人と対面。「終始、『映画って儲からないだろう』っておっしゃっていて、本当にお金にシビアな方だと思った。そこが一番参考になった」と暴露し、会場を盛り上げた。

 『ゲゲゲの女房』は昭和の貧しい時代を舞台に、お見合いからわずか5日で無名の漫画家・茂(宮藤)と結婚した妻・布枝(吹石)が、極貧生活や夫が描く不気味な漫画に戸惑いつつも、「いつかきっと努力は報われる」と夫を支え続ける凛(りん)とした姿を通して、普遍的な夫婦愛を描く。「墓場鬼太郎」「悪魔くん」といった名作の原画がアニメーションになるなど、ファン必見の演出も見せ場になっている。

映画ゲゲゲの女房』は11月、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開

吹石一恵&宮藤官九郎の映画版“ゲゲゲ夫妻”が初お披露目
posted by ぴかまま at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

吹石一恵&宮藤官九郎の映画版“ゲゲゲ夫妻”が初お披露目

吹石一恵&宮藤官九郎の映画版“ゲゲゲ夫妻”が初お披露目
2010年7月21日(水)19時58分配信 オリコン

映画版“ゲゲゲ夫妻”を演じる吹石一恵宮藤官九郎 

 現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説でも人気を博している、漫画家・水木しげるの妻・武良布枝さんの原作小説を映画化した『ゲゲゲの女房』の完成披露舞台あいさつが21日、都内で行われ、主演の吹石一恵と宮藤官九郎が登壇し、映画版“ゲゲゲ夫妻”が初お披露目された。

お見合いから5日後に結婚した水木夫妻を描く内容にちなみ、吹石は「宮藤さんにあまり慣れ過ぎないようにした。初めて会った感じを映画に収めたくて」と作品に臨んだ時の心境を明かすと、宮藤は「結構会ったつもりでいたけど・・・あっ、今聞けて良かったです」と“すれ違い”を嘆き、笑いを誘った。

 後に人気漫画『ゲゲゲの鬼太郎』を世に輩出する水木(宮藤)と、彼の妻・布枝(吹石)が、貧困を乗り越えて固い絆で結ばれていく夫婦の姿を描いた同作。実在する人物を初めて演じた宮藤は「最初、水木さんに会った時、88歳でしたが達者で。『映画って儲からないだろ』って言ってて、お金に厳しいというのをにじませていた」とユーモアを織り交ぜつつ「何年か経ったらこうなるんだなと思いながら、ご飯を食べるシーンや生活のシーンは参考にさせてもらいました」と充実の表情で語った。

 また、実際の水木夫妻が同映画を鑑賞した際に立ち会ったという吹石は「布枝さんが目をウルウルさせて両手で(私の手を)握ってくれて『いろいろ思い出した』と言ってもらいました」と、感激の面持ちで振り返っていた。

 現在、東京国立近代美術館フィルムセンターにて開催中の映画祭『第32回ぴあフィルムフェスティバル』の招待作品として同日上映された映画『ゲゲゲの女房』は今年11月に公開予定

『ゲゲゲの女房』映画化!吹石一恵、涙ぐむ水木しげる夫人から手を握りお礼を言われる!

向井理、「ゲゲゲ」新展開に「苦労が実を結ぶ瞬間は感動モノ」!
posted by ぴかまま at 07:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2010年07月22日

シャンソン歌手の石井好子さん死去…87歳

シャンソン歌手の石井好子さん死去…87歳7月21日17時12分配信 読売新聞

17日に亡くなったシャンソン歌手の石井好子さん

 日本のシャンソン界を代表する歌手の石井好子(いしい・よしこ)さんが17日午前5時28分、肝不全のため亡くなった。

 87歳だった。告別式は近親者で済ませた。お別れの会が8月26日午前11時30分から、東京都千代田区内幸町1の1の1帝国ホテル本館「富士の間」で開かれる。連絡先は港区高輪4の10の60ベルセゾン高輪602石井好子事務所。喪主は弟、公一郎さん。

 衆院議長を務めた石井光次郎さんの二女として東京都で生まれ、1942年、東京音楽学校(現・東京芸大)声楽科を卒業。当初はドイツ歌曲を学んでいたが、ジャズに転向。52年にフランスに渡りシャンソンを学んで、パリでデビューした。ヨーロッパ各地で歌い、54年に帰国。シャンソン界の第一人者として活躍を続けた。

 豊かな声量でシャンソンを日本で広める役割を果たし、63年からはシャンソンの祭典「パリ祭」を開いてきた。岸洋子、加藤登紀子さんら後進を育てる一方、イベット・ジローら海外の人気歌手の招聘(しょうへい)にも尽力した。

 90年にパリのオランピア劇場で日本人としては初のリサイタルを開き、「愛の讃歌」など大半を原語で歌い、客席を沸かせた。91年には日本シャンソン協会を設立して、3月まで会長を務めた。

 エッセイストとしても活躍し、「巴里(ぱり)の空の下オムレツのにおいは流れる」で日本エッセイストクラブ賞を受賞。87年に紫綬褒章、92年にフランス芸術文化勲章コマンドール賞、94年に勲四等宝冠章をそれぞれ受けた。趣味の水泳では、87年に台湾で開かれたマスターズ水泳選手権大会の50メートル平泳ぎで大会新記録で優勝した。 最終更新:7月21日17時12分

. 石井好子 - Wikipedia
posted by ぴかまま at 04:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2010年07月21日

ウエンツ&AKB大島、ブログで熱愛否定 大島「残念ながら、熱愛ではありません」

ウエンツ&AKB大島、ブログで熱愛否定 大島「残念ながら、熱愛ではありません」7月21日13時0分配信 オリコン

熱愛報道があったAKB48・大島優子ウエンツ瑛士.

 WaTのウエンツ瑛士(24)と人気アイドルグループ・AKB48の大島優子(21)が21日、熱愛報道後にブログを更新し、共に熱愛関係を完全否定した。それぞれ親交があることは認めたが、ウエンツは「今朝スポーツ紙など各所で報道がありましたが、事実ではありません」、大島も「私は今、仕事に燃えているので、恋愛どころではないです」と綴った。

 2人ともに寝耳に水の報道だったようだ。ウエンツは「自分も何も知らずに朝起きたら大きな騒ぎになっていて、とてもビックリしています。元共演者としての友人以上の関係ではありません」と友人関係を強調した上で「今回の件で大島さん並びに大島さんやAKBのファンの皆様、関係各位、そしてなにより自分やWaTを応援してくれている方々に沢山の動揺を与えてしまった事を深くお詫びします」と謝罪した。

 「事実関係は全くないので安心してください。これからも一番大切な仕事に対して努力を怠らず、頑張っていきます」と報告したウエンツに対し、大島のブログは非常にあっけらかんとしている。「び、び、び、び、びっくり!」とのタイトルで「わたくし大島優子、初の熱愛報道(゜Д゜)」や「私って、芸能人なんだな〜と思えるような報道に驚いた朝でした(-∀-`)」と驚きを示したものの、「相手がウエンツさんでよかったです」という本音も。

 その理由を「ウエンツさんは、ドラマで共演させていただいてから、みんなでごはんを食べたり、仕事のアドバイスをくれる頼りになるお兄ちゃんのような人」とし、「残念ながら、熱愛ではありません」とした。“残念ながら”の理由を「たぶん、ウエンツさんが私を女として見てくれていないので笑」と茶化したあと「ファンのみなさんやAKBのメンバーに心配をかけてしまって、ごめんなさい」とこちらも謝罪している。

 さらに大島は、朝からメンバーからのメールが大量に来ていることを明かし、AKB48のOGで現在はSDN48の野呂佳代と思われる人物の名前をあげ「佳代ちゃんへ 朝っぱらから、大笑いしながら「解雇!解雇!解雇!」と叫ぶメール、やめんしゃい(゜言 ゜ ) 悔しかったら、佳代ちゃんも男性との浮き名を流してください。(笑) 本当にお騒がせしましたぁ!」と余裕の発言で結んでいる。

AKB大島優子&ウエンツ瑛士が“熱愛”7月21日8時0分配信 スポーツ報知

 WaTのウエンツ瑛士(24)とアイドルグループ「AKB48」の大島優子(21)が“親密”交際していることが20日、分かった。

 関係者によると、2人が出会ったのは、今年1月から放送されたテレビ朝日系ドラマ「エンゼルバンク〜転職代理人」。女優の長谷川京子主演のドラマで共演し、親しくなったという。

 その後は、ウエンツ瑛士が、東京・秋葉原にある「AKB48劇場」を訪れ、公演を見るなど仲を深めてきた。7月に代々木第一体育館で行われたコンサートもウエンツは足を運んでいたという。

 2人には共通点も多い。お互い子役からデビュー。ウエンツは4歳の頃から、大島も7歳から芸能活動を開始している。趣味はサッカー。南アW杯でも本紙でそろって勝敗予想を披露している。

 ただし、双方の事務所は、面識があることは認めたものの、交際については否定。AKB48では恋愛は禁止されており、発覚した時点で、厳しい処分が下される。関係者は「恋愛関係はないと思います」と語っている。

 ◆大島優子(おおしま・ゆうこ)1988年10月17日、栃木県生まれ。21歳。子役として活動し06年4月に「AKB48」第2期メンバーとしてチームKに加入。女優として映画「櫻の園」「スイートリトルライズ」などに出演し、ドラマやCMでも活躍。09年7月のAKB総選挙で2位、今年6月の第2回総選挙で1位を獲得。血液型B。

 ◆ウエンツ瑛士(ウエンツ・えいじ)1985年10月8日、東京都生まれ。24歳。父はドイツ系米国人で、母は日本人。4歳からモデルで活躍し、NHK「天才てれびくん」レギュラー出演。小池徹平とのユニット「WaT」を結成し、NHK紅白歌合戦に05年から4年連続出場。映画「ゲゲゲの鬼太郎」などに出演。血液型O。

注目のAKB総選挙で“政権交代”した理由
posted by ぴかまま at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。