2008年11月27日

橋口監督「作品賞でなく残念。うれしさ半々」…第33回報知映画賞・監督賞

橋口監督「作品賞でなく残念。うれしさ半々」…第33回報知映画賞・監督賞

今年の映画賞のトップを切る「第33回報知映画賞」。監督賞には「ぐるりのこと。」の橋口亮輔監督(46)が獲得した。

 国内外で数々の賞に輝き「世界が認める才能」として知られる橋口監督。「ぐるりのこと。」は6年ぶりの新作だ。「本当を言うと、作品賞ではなくて残念なのと、うれしいのが半々。たやすい映画ではなかったですから。リリー(フランキー)さんと木村(多江)さん、おふたりのおかげ」と感謝した。

 子供の死を機に、心を病む翔子。一見頼りなげながら、全力で翔子を受け止めるカナオ。人と人とのきずなから生まれる希望を描いた同作は、監督自身のうつ経験も生かされた。「うつになった原因も人。生きようとさせてもらったのも人でした。どん底に行かないと分からなかったけど、見えなかったものが見えてきました」

 受賞にはならなかったが、選考ではリリー・フランキー、木村の演技も評価された。「互いの人生観を分かち合うような話もしました。2人とも自分を投げ出すように臨んでくれた」という。

©2008「ぐるりのこと。」プロデューサーズ 公開後、こんな出来事があった。「カップルで映画を見た女の子が『彼がプロポーズしてくれました』と言ってくれたんです。その幸せそうな顔が忘れられません。少なくとも、ひとりの子を幸せにできた、というのがうれしかった」。映画に託したメッセージは確実に伝わっていた。

 ◆橋口亮輔(はしぐち・りょうすけ)1962年7月13日、長崎県生まれ。46歳。89年、ぴあフィルムフェスティバルで8ミリ映画「夕べの秘密」がPFFアワードグランプリに。92年「二十才の微熱」を発表。95年「渚のシンドバッド」はロッテルダム国際映画祭、ダンケルク映画祭などでグランプリを獲得。2002年の「ハッシュ!」はカンヌ国際映画祭の監督週間部門に出品、52か国で公開されるなど海外でも高評価を得た。

 ◆ぐるりのこと。 何事にもきちんとしなければ気が済まない翔子(木村多江)と、法廷画家の職に就いたカナオ(リリー・フランキー)夫婦を襲う悲劇と再生を描く。舞台はバブル崩壊後の93年の冬から01年、9・11の米テロにいたる10年間で、カナオが法廷で目にする形で90年代に起こった社会的な大事件が織り込まれる。

(2008年11月27日06時00分 スポーツ報知)
posted by ぴかまま at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 報知映画賞
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック