2008年12月01日

<0系新幹線>ラストランにファン別れ惜しむ「ありがとう」

<0系新幹線>ラストランにファン別れ惜しむ「ありがとう」
2008年11月30日(日)22時15分配信 毎日新聞

多くの人が待つ中、博多駅ホームに到着した0系新幹線の定期運転最終列車=福岡市博多区で2008年11月30日午後6時24分

 「夢の超特急」として親しまれた初代新幹線車両・0系が30日、定期運転を終えた。東京五輪直前の1964年、東海道新幹線開業と同時にデビュー。

以降、3000両以上が列島の大動脈を駆け抜け、日本の高度経済成長を支えた。ラストランとなったこの日、山陽新幹線の沿線各駅には大勢の鉄道ファンが詰めかけ、最後の別れを惜しんだ。

 開業当時の最高時速210キロは当時の世界最速。東京−新大阪間を4時間で、翌年からは3時間10分で結び、各国が競って高速鉄道を開発するきっかけになった。その後、車両の老朽化や新型車両の登場で、99年には東海道新幹線から引退。JR西日本に最後まで残った3編成(18両)が山陽新幹線「こだま」として走っていた。

 最終列車「こだま659号」が出発する岡山駅ホームであった式典では、鉄道ファンら約2000人が見守る中、運転士と車掌に花束が贈られた。また、約1000人が訪れた終着の博多駅では、午後6時24分、「だんご鼻」と呼ばれる丸い先頭部が最後の雄姿を見せると、カメラのフラッシュが盛んにたかれ、ホームは大きな拍手と「ありがとう」という感謝の声に包まれた。【小林祥晃、坂根真理】

「夢の超特急」0系が引退
<0系新幹線>ハンマーで打ち出した「だんご鼻」…山下さん
タグ:0系 新幹線
posted by ぴかまま at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新幹線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック