2008年12月24日

三倉茉奈・佳奈さん(だんだん)★好きな人重なることも

三倉茉奈・佳奈さん(だんだん)★好きな人重なることも

22歳になった今も、見分けがつかないほど似ている。だが、スタッフが間違うことは絶対にないそうだ。「ビミョーに違ってて。毎日会ってれば、すぐ分かります」と声をそろえる。

 12年ぶりの連続テレビ小説出演。片やギター、片や京舞の大特訓を受けての収録。境遇も性格も全く異なる役を演じるせいか、「茉奈あて、佳奈あてと、別々にお便りをいただいたり。それぞれ個性の違う女優として見て下さってるんだなあ、と実感します」。

 劇中、見事なデュエットで「赤いスイートピー」や「恋のバカンス」など、数々の懐メロを披露。1月にはこれらの曲を収めた初アルバムが発売になる。「双子だからこそできる試みに、どんどんチャレンジしたい」と佳奈は言う。

 物語は佳境に入り、同じ男性を好きになってしまう二人。現実でも、「やっぱり、同じ人のことをいいなって思うことがあって。そんな時に感じる切なさが、ドラマで重なります」と茉奈。すっかり大人の女性になって、と声をかけると、二人から、はにかんだ笑みが返ってきた。

文・満田育子


Q ドラマでは、歌のシーンが多いですが、普段よく聴く音楽は?

A コブクロ、Mr.Childrenが好き。(茉奈)

A ET―KING、柴咲コウの曲。(佳奈)

Q 劇中で食べる松江のしじみ料理のお味は?

A しじみカレーはだしが利いていて本当においしい。撮影では出演者全員で完食しちゃいます。(茉奈)

A 毎朝、茉奈と一緒にしじみ汁を飲んでますよ。(佳奈)

Q もしも双子に生まれなかったら、今、何をしていると思いますか?

A よく聞かれますが、双子でない人生を想像したことがないんです。だから、やっぱり、女優以外の道は考えられません。(茉奈、佳奈)

だんだん(NHK総合 月〜土 前8.15)
 島根・松江の漁師の娘、めぐみ(三倉茉奈)と京都・祇園の舞妓、のぞみ(三倉佳奈)は実は双子の姉妹だった。二人は歌の才能を見いだされ、人生が変わっていく。

『だんだん』話題


posted by ぴかまま at 04:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。