2008年12月24日

加瀬亮さん(ありふれた奇跡)★山田脚本 大切にしたい

加瀬亮さん(ありふれた奇跡)★山田脚本 大切にしたい

 連続ドラマは初出演にして、初主演になる。今まで出演をあえて避けてきたのかと尋ねてみると、「はい」とキッパリ答えた。

 避けてきた理由は二つ。「映画の合間を縫ってまでやる気になれなかった」。そして、「最終回までの台本が完成していない段階で撮影が始まるため」だ。

 じっくりと台本を覚え、役を消化してから撮影に臨む自分のスタイルに合わないと思っていた。

 それでも今回出演を決めたのは、山田太一が脚本を手がけるからだ。「山田さんのエッセーが好きで、実際に台本を読んでみたかった」。台本に目を通すと、「ハッとさせられる言葉がいっぱい。人は理屈じゃないし、不合理」。山田の人間観察力に驚嘆した。

 演じる田崎翔太は、人には言えない心の傷があり、多面性を持つ複雑な若者。「読み方を間違えれば、全く違う作品になってしまう」と、怖さを感じている。

 だが、「夢中にやって、自分でも予想していない面が出せればいい」と語り、無難にまとめようとは思っていない。「大切にしていきたい役」だから。

 文・森田睦

Q 今年は、プライベートでどんな所に行きましたか。

A PJハーヴェイ(英国のロック歌手)のライブを見に、ニュージーランドへ行きました。また、サンフランシスコから車で1時間くらいのキャンプ場に友人と行きました。映画の仕事で忙しかったので、良い休息になりました

Q 来年は何をしたいですか

A 時間があればですが、アメリカを旅したいと思っています。人種や文化など多種多様のものが混ざり合っているから面白いです。そういうアメリカの価値観を吸収したい

Q 好きな小説は?

A ウォーレス・ステグナーの「アングル・オブ・リポーズ」(ピュリツァー賞受賞作)、スタインベックの短編「朝めし」です

ありふれた奇跡(1月8日から フジテレビ系 木曜後10.00)
 駅のホームで自殺しようとした中年男を助けたことがきっかけで、田崎翔太(加瀬亮)と中城加奈(仲間由紀恵)は出会う。人には言えない心の傷を抱えていた2人は、互いの距離を少しずつ縮めていく。

プロフィール
かせりょう 1974年11月9日、横浜市生まれ。浅野忠信にあこがれて役者を志し、2000年、「五条霊戦記/GOJOE」で映画デビュー。「それでもボクはやってない」「グーグーだって猫である」などにも出演。

(2008年12月22日 読売新聞)


posted by ぴかまま at 04:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。