2008年12月24日

山田太一氏最後連ドラ「ありふれた奇跡」

山田太一氏最後連ドラ「ありふれた奇跡」
2008年12月23日(火)18時14分配信 日刊スポーツ

脚本家の山田太一氏(74)が、「ふぞろいの林檎たち4」以来12年ぶりに連続ドラマを手がけるフジテレビ開局50周年ドラマ「ありふれた奇跡」(来年1月8日スタート、木曜午後10時)の制作発表が23日、都内のホテルで行われた。

山田氏は「連ドラはもう書かない。若い人が中心のドラマが多く、私の出る幕はない。70歳すぎの俳優が『ロミオとジュリエット』のロミオをやろうとして、醜態をさらすみたいになるのは嫌。私なりのラブストーリーを書いてみたい」と話した。

 主演仲間由紀恵(29)演じる営業ウーマンと、加瀬亮(34)演じる左官職の青年が、駅で自殺しようとした男性を止めたことで知り合い、ひかれていく。

仲間は「セリフの1つ1つに意味がある」。

連ドラ初出演の加瀬は「正直苦労しながらやっています。でも、これがきちんとしたかたちで届けられれば、見てくださる方の心にとまるのではないかと期待しています」。

仲間の父役の岸部一徳(61)と、加瀬の父役の風間杜夫(59)が女装クラブでの女装シーンもあるという。ほかに陣内孝則八千草薫が出席した。

加瀬亮さん(ありふれた奇跡)★山田脚本 大切にしたい


posted by ぴかまま at 05:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。