2009年01月08日

NHK朝の連続テレビ小説秋の新作は、徳島県美波町が舞台の『ウェルかめ』

NHK朝の連続テレビ小説秋の新作は、徳島県美波町が舞台の『ウェルかめ』
1月8日15時26分配信 オリコン

 NHK大阪放送局は8日(木)、2009年秋からの朝の連続テレビ小説(NHK総合・前8:15〜ほか)の概要を発表した。タイトルは『ウェルかめ』で、ヒロインのふるさとは海辺の町、徳島県美波町。海がめが上陸する町として知られ、お遍路さんからサーファーまでが集まるこの町を舞台に、明るくコミカルな青春ドラマとなる。

 徳島県が連続テレビ小説の舞台になるのは、1980年『なっちゃんの写真館』以来2度目となる。同局制作としては現在放送中の『だんだん』に次ぐ34作目で、来春放送の『つばさ』に続く朝ドラ第81弾作品。

 都会に出て一流女性誌の編集者を目指すヒロイン・波美(なみ)は、ひょんなことからウミガメに導かれるように人生を大転換、故郷と向き合うことになる。なお、ヒロインなどキャストはまだ発表されていない。脚本は『奇跡の動物園〜旭山動物園物語』(フジテレビ系)を手掛けた相良敦子さんによるもの。放送は9月28日(月)から。

NHK朝ドラ 視聴率だんだん低迷 関心薄れ脚本力も低下?
多部未華子「つばさ」川越市でクランクイン
榮倉奈々の奮闘も…朝ドラ「瞳」ワースト更新のワケ
「だんだん」上がる!?マナカナ初回視聴率16.8%
マナカナ、12年ぶりに朝の連ドラ出演!
来年度・連続テレビ小説のヒロインに多部未華子 記念すべき80作目で“二十歳のおかん”
posted by ぴかまま at 18:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック