2009年01月17日

「篤姫」超える!常盤貴子、登場シーン発案・常盤貴子、夫役の妻夫木は「尊敬できる」

「篤姫」超える!常盤貴子、登場シーン発案
2009年1月4日(日)8時0分配信 サンケイスポーツ
-
 女優、常盤貴子(36)が、4日スタートのNHK大河ドラマ「天地人」(日曜後8・0)でヒロイン・お船(せん)を演じる。

東京・渋谷の同局で取材に応じた常盤は、暴れ馬から飛び降りる初登場シーンを自ら発案したことを告白。高視聴率に沸いた前作「篤姫」を意識してか、「今までにないものを見せたい」と意気込んだ。

 「天地人」は、「愛」の一文字を掲げたかぶとをかぶり、上杉謙信の教え「義」を貫いた異色の戦国武将、直江兼続の生涯を描く物語。兼続役は妻夫木聡(28)。その年上の妻、お船を演じるのが常盤だ。

 性格は男勝りでしっかり者。機転が利き、妻でありながら、兼続のブレーンとして政治面でもさまざまな助言を与え、支えたといわれる。そんなお船を演じる上で、こだわったのが馬に乗って現れる初登場シーン。

 「最初にお船がどういう人が分かってもらいたい」と、自らアイデアを出し、監督に相談した。

 「当時、男の人は長い刀を差しているから、馬からストンと降りることってできない。まして普通の姫なら、そんなことしないでしょ。だから、すごくお船っぽくなるんじゃないかな」と考え、暴れ馬から飛び降りるシーンを付け加え、見事にお船のじゃじゃ馬っぷりを表現した。

 女優、宮崎あおい(23)が主演した前作「篤姫」は、21世紀の大河で史上最高となる平均視聴率24.5%(ビデオリサーチ、関東地区調べ)を記録。自然と演技にも力が入る。

 91年の大河「太平記」に“ちょい役”で出演している常盤は、「あのときはセリフが1行だったんです。すごい出世だと思いません? 私、偉いな〜と思って」とニンマリ。「大河で新しい年を迎えられるのって、おめでたい感じです」と白い歯がこぼれた。

 大河初主演の妻夫木との共演には「時代劇に慣れていらっしゃる方って、いい意味でも悪い意味でもカタがあるじゃないですか。だから、見慣れた時代劇になると思うんですよね。(今回は)今までとはちょっと違う大河ドラマにしたいな」と抱負を語った。

 妻夫木、常盤のフレッシュ大河コンビで、再び高視聴率獲得となるか。常盤は、第3回(18日放送)から登場する。

常盤貴子、夫役の妻夫木は「尊敬できる」
2009年1月4日(日)8時0分配信 サンケイスポーツ

 女優、常盤貴子(36)が、4日スタートのNHK大河ドラマ「天地人」(日曜後8・0)でヒロイン・お船(せん)を演じる。常盤は、兼続の魅力について「やっぱりあの時代に『義』を重んじることは、すごく勇気がいること。それをしてまでも自分が信じる『義』を貫こうとする姿は、今の世の中に兼続がいたとしても、ステキな男性だと思いますね」と熱く語った。

 そんな魅力を兼続役の妻夫木にも感じているといい、「妻夫木さんも99人が右と言っても、違うと思ったら1人でも左と言えるタイプ。尊敬できるところがたくさんあります」と、早くも夫婦役ならではの、いい雰囲気を漂わせていた。

「天地人」泣ける7歳子役が泣かせる演技

NHK大河「天地人」最終回は11月22日
大河「天地人」好スタートは「篤姫」視聴習慣の賜物か

篤姫超え!NHK大河「天地人」24.7%
NHK大河「天地人」 初回は21・8%

リストラ経営者は直江兼続の爪の垢を煎じて飲め

NHK大河ドラマ天地人」1/4〜

★★NHK大河ドラマ『天地人』・話題★★★


posted by ぴかまま at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『天地人』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。