2009年01月22日

<毎日映画コンクール>女優主演賞に小池栄子さん

<毎日映画コンクール>女優主演賞に小池栄子さん
2009年1月21日(水)22時59分配信 毎日新聞

受賞の喜びを語る小池栄子さん

 「第63回(08年)毎日映画コンクール」の日本映画大賞には「おくりびと」が選ばれた。

人の死という難しい題材を、ユーモアを交えて感動的に表現。興行もヒットし、名実ともに08年の日本映画を代表する一本となった。滝田洋二郎監督は「夢のよう」と喜んだ。

 女優主演賞の小池栄子さんは「接吻(せっぷん)」で死刑囚に恋する女性をスリリングに演じた。テレビのバラエティー番組で見せるにぎやかな振る舞いとは一変した熱演。小池さんは「これで本格的な女優と認めてもらえそう」と今後の活躍を誓った。

 男優主演賞は映画界で引っ張りだこの阿部寛さん。受賞対象の「青い鳥」「歩いても 歩いても」では、陰影のある役柄をリアルに演じた。阿部さんは「40歳を過ぎて人物を深く掘り下げるようになった。認められてうれしい」と語った。

 監督賞の若松孝二さんは「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」で1970年代の左翼運動を振り返った。私財を投じて仕上げた3時間超の大作。「こういう種類の作品で、よく選んでくれた」と、驚きと感激が入り交じった表情を見せた。【勝田友巳、若狭毅】



posted by ぴかまま at 04:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。