2009年01月29日

映画「20世紀少年」の外伝放送

映画「20世紀少年」の外伝放送公開前夜の30日、日テレ系で

 31日に全国公開される映画20世紀少年 ―第2章―最後の希望」のプレイベントとして、30日午後9時から、「20世紀少年 もう一つの第1章」

 映画20世紀少年 第1章」は昨年8月に公開され、観客動員300万人の大ヒットを記録した。

主人公・ケンヂ(唐沢寿明)とその仲間らが少年時代に世界の危機を空想した「よげんの書」が、20世紀末に現実となり、ケンヂらがその謎に立ち向かう。映画は3部作になる予定。

 「もう一つの第1章」は、映画版「第1章」をベースに、新撮影シーンや、本編でカットされたシーンを加えて再編集したもので、ケンヂらの子ども時代のエピソードなどが新たに追加されている。

 日テレは昨年12月も、映画「252 生存者あり」の公開前日に、主役を変えた外伝「エピソード0」を放送するなど、映画との連動に意欲的。日テレコンテンツ事業局の奥田誠治エグゼクティブプロデューサーは「寿命の長い映画作品を作りたいと思ってやっている。『もう一つの第1章』は、それ自体が一つの作品」と話している。

(2009年1月27日 読売新聞)

『20世紀少年』1日で8,000万円イベント!太陽の塔炎上!浦沢直樹も「もう泣きそう…」


posted by ぴかまま at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。