2009年03月14日

岡田将生の第一印象は「モサいなーって」・キョンキョン、意外な初体験に「ちびりそう」なほど大緊張!

岡田将生の第一印象は「モサいなーって」
2009年3月14日(土)14時44分配信 日刊スポーツ

 ハワイ島を舞台にした映画ホノカアボーイ」(真田敦監督)の初日舞台あいさつが14日、東京のTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、岡田将生(19)倍賞千恵子(67)長谷川潤(22)らが出席した。

初共演した岡田と倍賞は、互いの印象について「倍賞さんは怖いのかなって思っていたけど、朗らかで優しくて、いつも見守ってくれた」「岡田くんに初めて会った時、元気なくて、モサいなーって思ったの。ぶきっちょで照れ屋さん」。ハワイ島で1カ月かけて撮影され、プロデューサーは「2人は髪形も同じで、仲が良すぎるくらい」だったそう。ホワイトデーで、観客には抽選でハワイのお菓子マサラダがプレゼントされた。

映画「ホノカアボーイ」オフィシャルサイト
YouTube - 「ホノカアボーイ」予告 "Honokaa boy" 蒼井優 長谷川潤 new ...

映画 ホノカアボーイ - allcinema
ホノカアボーイ : 映画情報 - 映画のことならeiga.com
シネマぴあ/『ホノカアボーイ』OFFICIAL BLOG

長谷川潤(はせがわ じゅん、1986年6月5日 - )は、日本のファッションモデル。

本名は長谷川カウルベヒ潤で、カウルベヒのスペルはkauluwehi。血液型はO型。所属事務所はLDH

母親は日本人、父親はアイルランド人とフランス人の血を引くアメリカ人、3人兄妹の長女。
2歳の時に家族とともにニューハンプシャー州からハワイ州に引っ越す。14歳の時にスカウトされ日本でモデルとして仕事を始める。
テレビへの初出演はシネマ通信。
趣味はカラオケ。特技はベリーダンス。
アメリカン・ゴシップが好き。
『世界バリバリ★バリュー』(MBS)に出演。島田紳助が「日本で一番可愛い」と絶賛し、また紳助曰く周りの人物にも評判が良いという。
歌手のMINMIとは大の仲良しで、MINMIと交換日記しているブログがある[1]。
16歳でモデルとしてデビュー。それ以前はハワイ在住ということもあり、あまり日本語が話せなかった。しかし3歳の頃から母の実家がある関西に遊びに行ったりしていたこともあり、最初は関西弁で喋っていた。
ViViウェブサイト内のニコジュンで、体重を50kgに保っていると語っている。
EXILEのパフォーマーMAKIDAIと2004年から交際・同棲をしていたが、2007年の年末に破局

長谷川潤 (モデル) - Wikipedia

HASEGAWA JUN - 長谷川 潤
長谷川潤 画像.com
YouTube - 長谷川潤ファッション(1)

★★★

キョンキョン、意外な初体験に「ちびりそう」なほど大緊張!
2009年3月6日(金)9時5分配信 シネマトゥデイ

 12日、映画ホノカアボーイ』の完成披露試写会が行われ、主演の岡田将生と主題歌「虹が消えるまで」を歌う小泉今日子、そして作曲を担当した斉藤和義、原作者の吉田玲雄が登壇した。

 虹を思わせるカラフルなワンピースに、いつものキュートな笑顔で登場した小泉今日子だったが、この日は主題歌を披露するということでとても緊張していたそう。開口一番「こういう試写会で歌うのは初体験。ちびりそうです」とその真情を吐露していた。しかし、斉藤和義による生ギターの伴奏にのせて歌が始まると、会場はまるで映画の舞台であるハワイ島・ホノカワの風がそよいだような雰囲気に包まれた。キョンキョンの優しい歌声と斉藤和義によるちょっぴり哀愁のただようメロディーに観客も大満足だったようだ。

 ミニライブの後は主演の岡田将生が合流。小泉と岡田はこの日が初対面ということで、岡田の印象について聞かれた小泉は「同じものを食べて育ったとは思えない美しさですよねえ」と、身長が180cmある岡田を頼もしそうに見上げていた。一方の岡田は小泉に見つめられて「もうなんていっていいのかわからないくらい緊張しています」とただただ感激していた。

小泉は原作者の吉田とは旧知の間柄ということで、実際にホノカアの町に遊びに行って劇中で倍賞美智子が演じているビーさんに会ったことがあるそうだ。「自分にとっても宝物のような記憶が詰まっているし、こうして映画になったことがなんだか不思議な感じもします。何にもない場所なんだけど、何でもあるようなそういう町です」とホノカアへの思いを語っていた。撮影で1ヶ月半ホノカアに滞在した岡田は「村の人がアットホームでいつも心を開いて迎えてくれた。それがホノカアの魅力なのかなと思います」と映画の舞台となった土地にすっかり魅了されたようだった。

 映画ホノカアボーイ』は、ハワイ島のホノカワという日系移民の町を舞台に、映画館で映写技師の助手をしながら暮らす青年レオ(岡田将生)が料理上手なビーさん(倍賞千恵子)やホノカワの人々との交流を通じて成長していく物語。

映画ホノカアボーイ』は、3月14日より全国東宝系にて公開



posted by ぴかまま at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。