2009年04月05日

天才子役の加藤清史郎、「天地人」に再登場

天才子役の加藤清史郎、「天地人」に再登場
2009年3月28日(土)8時0分配信 サンケイスポーツ

 NHK大河ドラマ天地人」(日曜後8・0)で主人公・直江兼続の幼少期を好演した子役俳優、加藤清史郎(7)が27日、回想シーンで再登場することになり、東京・渋谷の同局で会見。「もう1回撮影ができてうれしい」。再登場シーンは6月7日放送。

泣く演技がスゴい!「天地人」子役再び登場
2009年3月27日(金)20時23分配信 スポニチ

 NHK大河ドラマ「天地人」(日曜後8・00)で主人公・直江兼続の幼少時代・与六を好演した加藤清史郎(7)と、上杉景勝の幼少時代・喜平次役の溝口琢矢(13)が27日、東京・渋谷の同局で回想シーンの収録に臨んだ。2人は1月の初回と第2回に出演。視聴者からの反響が大きかったため6月7日の放送で再登場する。

 親元を離れて寺で修行することになった場面で上杉謙信に「わしはこんなとこ来とうはなかった!」と漏らすセリフと、ポロポロと涙をこぼす迫真の演技で話題を集めた加藤は「もう1回撮影ができてうれしい。(学校では)泣く演技がすごかったねって言われました」と笑顔。「(泣くシーンでは)与六の気持ちになって演技しました」と“大人顔負け”の役作りを明かした。ドラマの舞台となっている新潟などからは「あのセリフを聞きたい」と講演依頼も寄せられたという。



NHK大河ドラマ「天地人」第2回「泣き虫余六」
NHK大河ドラマ「天地人」第1回「5歳の家臣」

★★★

“篤姫効果”はどこへやら 出演者の尻すぼみ
ビデオリサーチが研究する「録画率」の衝撃

★★★

NHK大河ドラマ天地人


posted by ぴかまま at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『天地人』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。