2009年04月10日

内野聖陽が新ドラマで検視官役…テレ朝系「臨場」 

内野聖陽が新ドラマで検視官役…テレ朝系「臨場」 

俳優の内野聖陽(40)らが8日、都内でテレ朝系「臨場」(15日スタート、水曜・後9時)の会見を行った。

 作家・横山秀夫氏の人気小説が原作。敏腕検視官・倉石を演じる内野は初回も試写し「ドラマ好きにも見応えある。良い出だし」と自信を見せた。ドラマの設定では、原作から10歳若返り「肉体的に激しさのある倉石に。奇抜なスーパーマンにしたい」。

 実際に変死体と向き合う検視官に取材済み。「死者の声を拾いたい気持ちから、イタコになれないかな?って思うぐらいの仕事。役者バカなのでそういうの(情熱)をつなげたい」と話していた。



posted by ぴかまま at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。