2009年04月18日

ブロガー唖然!?『天地人』

ブロガー唖然!?『天地人』
2009年4月18日(土)11時0分配信 ココログニュース

初回を『篤姫』を上回る高視聴率で飾り、子役の名演技も評判となった今年のNHK大河ドラマ天地人』。しかしその後視聴率は徐々に低下。ブロガーの間でも、辻褄の合わない展開や、リアリティを欠いた映像に不満の声が起こり始めた。

12日の放映では、前半の山場となる上杉家の内乱が終焉を迎えた。数回に渡って描かれた内乱は、当時多大な犠牲を払った激戦といわれるが、ドラマでは戦闘シーンがほとんどなく「戦ってるのは兼続とその仲間たちだけ」「なんだか話し合いで片付いた」など、唖然としたブロガーは多いようだ。本来登場すべき重要人物を割愛するなど、史実に反した描き方にも批判の声があがる。

戦の悲惨さや謀略を正面から描写することを避け、主人公樋口兼続(後の直江兼続)の活躍と涙が毎回強調されることに鼻白んだブロガーも。「他に重鎮がいるのに、19歳の主人公の言うとおりに事が運ぶ」(畦道通信)「『二度と泣かない』と宣言してから何度泣いてる事か」(橋場の日次記(ひなみき))。上杉家の内乱のクライマックスとも言える敵方・上杉景虎の最期は、季節外れの彼岸花とスモークで、更に現実味のないものに終わった。「今回落ちたのは城だけではない。視聴者の気持ちもガックリと落ちきってしまった」(国家☆ドゥードゥルドゥー)。

次回からは、武田信玄の娘の輿入れや徳川家康の登場など、物語は新たな局面を迎える。6月には幼少時代を演じた子役の再登板もあるようだ。再びファンを魅了する展開となるか、今後に期待をかけたい。

(ひかる)

このところトーンダウンで「篤姫」になれない「天地人」

【KANSAIハヤ耳】男の“勝負”下着「甲冑パンツ」
天才子役の加藤清史郎、「天地人」に再登場
“篤姫効果”はどこへやら 出演者の尻すぼみ
宮崎あおいニヤッ…不倫?“手つなぎ泊”アイドル引退
長澤まさみ新作映画に落胆の声





posted by ぴかまま at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。