2009年04月25日

次代のCM女王の声が上がる「水川あさみ」人気の秘密

次代のCM女王の声が上がる「水川あさみ」人気の秘密
2009年4月7日(火)10時0分配信 日刊ゲンダイ
●マニッシュ系で受けている

 CM不況が続く中、水川あさみ(25)が着実に契約スポンサー数を増やし、注目されている。

目下、トヨタ(残価設定型プラン)、シャープ(企業CM)、新日本石油(ENEOS)、伊藤園(ジャスミン茶)、カシオ(デジタルカメラ・EXILIM)、P&G(パンテーン)など6本あり、いずれもナショナルスポンサーばかりで今後さらに本数は増える見込みだ。ドラマで人気なので、その相乗効果でCM出演依頼が舞い込んでいるといえよう。

 4月からは「ゴッドハンド輝」(TBS)、「帰ってこさせられた33分探偵」(フジテレビ)の2本の連続ドラマをかけもち出演するほどの多忙ぶり。

勢いがついたのは昨年4月期「ラスト・フレンズ」(フジ)あたりから。同10月期「夢をかなえるゾウ」(日本テレビ)で初主演し、人気はさらに右肩上がりになった。CMのギャラが1本推定3000万円程度と割安感があるのも強みである。

 それにしても水川の何が受けているのか。

 まずは江角マキコ天海祐希らに通じる、男っぽく、サバサバしたキャラが、ジメジメした風潮や時代だけに、映えるのだろうか。最近は米倉涼子がマニッシュ系(男っぽい女性)の代表的存在だが、米倉人気も一段落し、そのパイを奪ったのが水川ではなかろうか。

 その一方で、表情や肢体から個性的な色香が漂っているのも武器になっている。サラサラした髪の毛を手ぐしでかきあげる瞬間、欲情が刺激されるという男性ファンは多い。長い手足ときゅんとしまった足首にもゾクゾクさせられる。それでいて猥談(わいだん)や尾籠(びろう)な話にも積極的に加わるのも好感がもてる。

 あと一歩で、新CM女王の誕生である。

(芸能評論家・金沢誠)

(日刊ゲンダイ2009年4月4日掲載)

水川あさみさん(夢をかなえるゾウ)★素顔ほっこり大阪人
水川あさみは何が気に入られているのか


posted by ぴかまま at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。