2009年05月16日

多部未華子 朝ドラ「つばさ」で苦戦中

多部未華子 朝ドラ「つばさ」で苦戦中
2009年5月12日(火)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 多部未華子(20)がヒロインのNHK朝の連続テレビ小説つばさ」が低空飛行を続けている。

 初回こそ視聴率17.7%ビデオリサーチ調べ・関東地区)をマークしたが、徐々に数字を落として平均15.0%までダウン。歴代ワーストだった「」の平均15.2%を下回るペースなのだ。

 同ドラマは埼玉・川越の老舗和菓子屋を舞台にしたハートフルコメディー。多部は、家出した母に代わって家事を切り盛りしていたものの、いきなり母が帰ってきたことから地元のコミュニティーラジオ局で働くことになる主人公を演じている。

「多部には華がないし、演技もまだ硬くてぎこちない。今回の朝ドラは、亡くなった久世光彦さんが演出した『時間ですよ』を焼き直したようなホームコメディーで、わざとらしくてバカバカしい笑いがちりばめられている。NHKがそうしたドラマ作りに挑戦していることは悪くないが、無理に笑わせようとする違和感があります。ヒロインの多部には、そうしたドタバタコメディーを引っ張っていくだけの演技力や魅力がまだ足りませんね」(放送評論家の松尾羊一氏)

 多部は宮崎あおいと同じ事務所に所属している。宮崎は06年の朝ドラ「純情きらり」でヒロインを務め、昨年の大河ドラマ「篤姫」では高視聴率をたたき出してNHKに貢献した。それだけに、多部には“第2の宮崎あおい”を期待する声も上がっていたが……。

「多部はオーディションで1600人の中からヒロインに抜擢されました。ただ、決まったのが“篤姫人気”が絶好調だった去年の8月だったから、“宮崎の恩恵を受けた”という声もあった。何としても結果を出して、宮崎に続きたいはずです」(テレビ関係者)

“ポスト宮崎”として認められるにはまだ早いか。

(日刊ゲンダイ2009年5月9日掲載)

私、テレビの味方です」多部未華子にセーラー服を着せるな!(2008/9/24)
多部未華子、朝ドラ初の写真集
NHK朝ドラ、来春は『ゲゲゲの女房』に決定 水木しげる夫人の自伝をドラマ化
NHK朝ドラ次期ヒロインにミスマガジン出身の倉科カナ


タッキー悪役!連ドラ主演で初挑戦
注目番組の視聴率
主役級7人「不毛地帯」唐沢主演で豪華連ドラ化
キムタクが亀梨に迫った!夢の初共演


★★★テレビドラマ話題

お手軽ドラマの時代は終わった!!
NHK、大河ドラマ「天地人」でサブリミナル的?演出
広末涼子 大河ドラマで“福山龍馬”の初恋相手
<婚カツ!>視聴率9.4%、月9異例の一けた 中居クン11年ぶり主演も低迷
意外に見どころ満載の注目作あり!!
“連ドラ”“CM”タイアップ出演のありがた迷惑

★★★

トヨタ、ヤマサ醤油皮きりに 草なぎさんCMも次々再開

不景気の影響で「もやし」が異例の大人気!



posted by ぴかまま at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。