2009年06月02日

水嶋ヒロがイケメンバンド結成!漫画「BECK」映画化

水嶋ヒロがイケメンバンド結成!漫画「BECK」映画化6月2日8時0分配信 スポーツ報知

 俳優・水嶋ヒロ(25)主演で人気漫画「BECK」が映画化されることが1日、分かった。

天才ギタリストを中心にした5人組ロックバンド・BECKの成長を描く。

メンバー役に佐藤健(20)、桐谷健太(29)、中村蒼(18)、向井理(27)。

バンドの演奏曲をオリジナルで30曲制作するなど音楽に徹底的にこだわり、5人も担当楽器を特訓して撮影に臨む。堤幸彦監督(53)のメガホンで来秋公開。

 5人のイケメン俳優が最強バンドを結成する。漫画家ハロルド作石氏(40)の「BECK」は月刊少年マガジンで1999〜2008年に連載。ロックバンド・BECKの個性あふれるメンバーや挫折と成功のストーリーが人気になり、単行本34巻の発行部数は1500万部。04〜05年にテレビ東京系でアニメ放送されたが、実写化は初めて。

 TBS系ドラマ「MR.BRAIN」では頼りない刑事を演じている水嶋だが、今作ではカリスマ・ギタリスト兼リーダーの南竜介役。帰国子女で英語が堪能という役どころは水嶋と重なる。フジ系「メイちゃんの執事」で水嶋と兄弟役を演じた佐藤はボーカル兼ギターのコユキこと田中幸雄。桐谷はラップの千葉恒美、中村はドラムの桜井裕志、向井はベースの平義行を演じる。

 原作はコユキを軸に描かれるが、映画の主人公は竜介。製作側は「青春映画、バンド映画の決定版を目指しており、竜介のもとに天才メンバーが集い成長していくストーリーになる」と説明した。

 漫画では音で聴けなかったBECKの演奏シーンが映画の見せ場のひとつ。劇中の演奏曲はバージョン違いも含めてオリジナルの30曲を制作中。製作側は「音楽は日本映画の中でも一番のレベルを目指す」とこだわる。

 水嶋は先月28日からギターの練習をスタート。昨年11月公開の映画「GSワンダーランド」ではドラムを担当し「もともと音楽的な感覚は持っている」(製作側)。桐谷も来年公開予定の「ソラニン」でドラムを務めた。それぞれが約1か月、楽器を練習。クライマックスでは大規模なライブシーンが予定されている。撮影は7月上旬にスタートする。

 ◆映画「BECK」 竜介(水嶋)は平凡な高校生コユキ(佐藤)と偶然出会う。千葉(桐谷)、平(向井)とバンドを組んだ竜介はコユキと桜井(中村)も誘いBECKをスタート。コユキは天才的なボーカルの才能を開花させバンドもCDデビューするが、業界を牛耳るプロデューサーの陰謀に巻き込まれる。そんな中、バンド存続にかかわる条件と引き換えにロックフェスの出演依頼が来る。原作は第26回講談社漫画賞の少年部門を受賞。ライブシーンなどのエキストラ募集要項を6日発売の月刊少年マガジンに掲載。


桐谷健太(きりたに けんた、1980年2月4日 - )は、日本の俳優。大阪府出身。身長は181cm。血液型はO型。靴のサイズは27.5cm。所属事務所はHot Road inc.(ホットロード)。

俳優養成所アクターズクリニックを卒業。テレビドラマ『九龍で会いましょう』で本格的なデビュー。

2009年1月、初めての舞台作品『恋と革命』で、主人公の村雲武彦を演じる

趣味は旅・妄想。
特技は、どこでも眠れる事、ドラム・三線(さんしん)の演奏]。
映画『クローズZERO』での辰川のような二枚目と、テレビドラマ『ROOKIES』での平塚のような三枚目の、真逆な役柄を演じ分ける。外見を極端に変えることもあり、同一人物と気づかれないこともある。
好きな映画はスタジオジブリ作品。
笑わせる事が好きな性格のため、バラエティ番組では好評である。
「ベロコプター」というネタを持っている。これは相手の耳元に口を寄せ、舌でヘリコプターのローター回転音を出してみせる技。バラエティ番組で披露する事がある

クローズZERO II(2009年4月、東宝) - 辰川時生 役
ROOKIES -卒業-(2009年5月、東宝) - 平塚平 役
BECK(2010年秋公開予定) - 千葉恒美 役

桐谷健太 - Wikipedia

. 桐谷健太インタビュー

堤幸彦つつみゆきひこ、1955年11月3日 - ):堤幸彦の名を一躍世間に知らしめたのはテレビドラマ『金田一少年の事件簿』。その後、『ケイゾク』、『池袋ウエストゲートパーク』、『TRICK』シリーズ等のヒット作を通し、スタイリッシュな演出と独自の笑いで“堤色”というべき世界を確立し、若者を中心に不動の人気を得た。 一方、近年では映画『明日の記憶』など、年輩層にむけての映画も成功させている。

映画

明日の記憶(2006年)
トリック劇場版2(2006年)
大帝の剣(2007年)
包帯クラブ(2007年)
自虐の詩(2007年)
銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜(2008年)
20世紀少年(2008年)
まぼろしの邪馬台国(2008年)
20世紀少年 第2章 最後の希望(2009年)
20世紀少年 最終章 ぼくらの旗(2009年)

堤幸彦 - Wikipedia

★★★

ハロルド作石氏(マンガ家)インタビュー:@niftyビジネス


posted by ぴかまま at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。