2009年06月07日

紅白出場あるかも?!「天地人」あの子役歌手デビュー

紅白出場あるかも?!「天地人」あの子役歌手デビュー6月6日16時57分配信 夕刊フジ

加藤清史郎くん

 NHK大河ドラマ「天地人」で主人公・直江兼続の幼少時代を演じた子役の加藤清史郎(7)が、歌手デビューすることが6日までに分かった。

 関係者によると、加藤はユニット「加藤清史郎&アンクル☆させ」を結成、「かつおぶしだよ人生は」を歌う。猫の目線から人間社会を描写する内容で、8−9月に同局の「みんなのうた」で放送される。

 加藤は生後7カ月で芸能界デビューを果たし、数々の映画やドラマ出演を重ねてきた。「天地人」での「わしはこんなとこ来とうはなかった!」のせりふと泣き顔のかわいさで人気がブレークした。今年の紅白出場があるかも?!

天才子役の加藤清史郎、「天地人」に再登場・・6/7

NHK大河ドラマ「天地人」第1回「5歳の家臣」
NHK大河ドラマ「天地人」第2回「泣き虫余六」

妻夫木 子役から「こんなに立派になって」
2009年6月3日(水)21時39分配信 スポニチ

愛の兜をかぶって登場した妻夫木聡と子役の加藤清史郎

 NHK大河ドラマ「天地人」第23回「愛の兜(かぶと)」7日放送)の試写会が3日、東京・渋谷区の同局で行われ、主演の妻夫木聡(28)と子役の加藤清史郎(7)が出席した。

 妻夫木は今回から登場する愛の兜をかぶった甲冑(かっちゅう)姿で臨んだ。ドラマ撮影が始まる前の昨年6月、山形県米沢市の上杉神社に奉られている愛の兜を見に行ったといい「存在感があった。(直江)兼続が背負っていた大きなものを感じた」と感想。ドラマは折り返し点となり「今までは戦国まっただ中だったけど、これからは政(まつりごと)が中心になる。どんどん大きくなっていく兼続を期待してほしい」と訴えた。兼続の幼少時代、樋口与六を演じている加藤は妻夫木の甲冑姿を見て「1、2話に登場した泣き虫の与六がこんなに立派になって」と話し、取材陣を笑わせた。

-----------------------------------------

加藤清史郎(かとう せいしろう、2001年8月4日 - )は、日本の子役である。劇団ひまわり所属。神奈川県出身。血液型はA型。特技は歌・ダンス・水泳。

サラリーマンの父・母・2歳下の妹・6歳下の弟の5人家族。劇団ひまわりに所属している加藤憲史郎は実の弟である。
赤ちゃんの時から人見知りを全くしない子で、母親が思い出作りになればと思い劇団ひまわりに登録したことがきっかけで、生後7ヶ月で芸能界デビューをする。
大河ドラマ『天地人』で樋口与六(直江兼続の幼少期)役を演じ、その愛くるしさと高い演技力で、NHKには「感動した!」という賛辞と「あの子役は誰だ?」という問い合わせの電話が相次いだ。父・樋口惣右衛門役の高嶋政伸もスタジオパークに出演した際、「おいしいとこ、与六(清史郎)が全部持っていった」と語っている。放送直後から「また、出演してほしい」という声があったため、6月7日の放送にて回想シーンでの再登場が決定した。
2009年2月14日「南魚沼市雪まつり」に長尾喜平次役の溝口琢矢と共にゲスト出演、天地人の撮影エピソードなども披露し、5,000人の来場者から歓迎をうけた。名台詞「わしはこんなとこ来とうはなかった!」を再現すると大きな拍手がわき、さらに最後の挨拶に「わしはこんなとこ来れてうれしかった!また、来てみたい」とリップサービスすると、再び大きな拍手がわいた。
将来なりたいものは警察官・バスケットボールの選手・忍者と語っているが、俳優をやっていればその3つは役でできるかもしれないので、俳優を続けたいとのこと。
好きな女優は天地人でも共演した高島礼子。
好きなものはポケットモンスター。
目標にしているのは嵐の櫻井翔。将来は櫻井のようにニュースキャスターもやってみたいと言っている。

ヴォイス〜命なき者の声〜 第1話・最終話(2009年1月12日・3月23日、フジテレビ) - 加地大己(幼少期)役
歌のおにいさん 第1・7・最終話(2009年1月16日・3月6日・3月13日、テレビ朝日) -洋七役

加藤清史郎 - Wikipedia


posted by ぴかまま at 03:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『天地人』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。