2009年06月08日

春樹新作爆発ヒット 「1Q84」 飢餓感あおり?1週間で96万部

春樹新作爆発ヒット 「1Q84」 飢餓感あおり?1週間で96万部
2009年6月6日(土)17時0分配信 産経新聞

 世界的に注目を集める作家、村上春樹さん(60)の新作長編小説「1Q84いちきゅうはちよん)」(新潮社、全2巻)が爆発的に売れている。

入荷早々に品切れとなる書店が続出し、先月末の発売から約1週間で発行部数は計96万部に。5年ぶりの新作で、事前に内容を公開しない宣伝手法も読者の飢餓感をあおったようだ。

 「1Q84」の初版は「BOOK1」が20万部、「BOOK2」が18万部だったが、発売前から予約が殺到。新潮社は5営業日連続で増刷し、同社が平成14年に刊行した村上さんの小説「海辺のカフカ」の発行部数(上下巻計73万8000部)を早くも上回った。増刷分が書店に届くのは週明け以降で、品薄感はしばらく続きそうだ。

 新潮社が発売前に行った宣伝は、書名と価格、発売日をホームページと新聞広告に掲載しただけ。社内でも事前に原稿を読んだのは数人と、徹底した“秘密主義”を貫いた。

 「『海辺のカフカ』のときに『村上さんの本は予備知識なしに読みたい』という読者の意見が少なからずあった。今回は村上さんとも相談して、事前にあれこれ宣伝するよりも真っさらな状態で読んでもらおうと考えた」と同社担当者。

 村上作品に詳しい沼野充義東大教授は「しばらく長編が出ていなかったところに国際的な名声が高まり、新作への期待が充満していた。そこに本の内容を明かさないという戦略がうまくはまった」と指摘する。

 「普通の作家なら何年も新刊を出さないと忘れられる。中身が分からなくても売れるのは『村上春樹』がブランドになっていることの表れだが、それも(新刊を楽しみにしている)読者の気持ちを優先してきた姿勢があったからこそだろう」

★★★

「1Q84」早くも96万部
2009年6月6日(土)6時25分配信 共同通信

 作家村上春樹さん(60)の新作長編小説「1Q84」(新潮社、全2巻)が爆発的に売れている。入荷早々に品切れとなる書店が続出し、先月末の発売から約1週間で発行部数は計96万部に。世界的に注目を集める作家の5年ぶりの新作で、事前に内容を公開しない宣伝手法も読者の飢餓感をあおったようだ。東京都千代田区の三省堂書店神保町本店。発売当初はレジに並んでいる人が全員「1Q84」を持っている状態が続き、1巻目の「BOOK1」は数日で売り切れた。

★★★

村上春樹さんの「1Q84」 売り上げ34万部突破
2009年6月5日(金)14時21分配信 J-CASTニュース

作家・村上春樹さんの7年ぶりの新作長編小説「1Q84」(Book1・Book2の全2巻)が、オリコンの「週間本ランキング」(2009年6月8日付け)で1、2位を独占した。それによると、「Book1」が推定売り上げ部数19万1926部、「Book2」は15万7587部。計34万9513部を売り上げたとされる。

「1Q84」は発売前のアマゾン予約の段階でも好調だった。初版は「Book1」が20万部、「Book2」が18万部だったが、早々と増刷が決定。書店では完売も相次いでおり、発売元の新潮社は「Book1」を51万部、「Book2」を45万部まで増刷している。


. 村上春樹の最新長編小説『1Q84』|新潮社
. Amazon.co.jp: 1Q84(1): 村上春樹: 本
. 1Q84 - 池田信夫 blog
. 1Q84


タグ:村上春樹 1Q84
posted by ぴかまま at 09:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 1Q84(村上春樹)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。