2009年06月24日

内山理名主演で「篤姫」舞台化

内山理名主演で「篤姫」舞台化6月24日8時0分配信 スポーツ報知

 昨年、女優の宮崎あおい(23)主演で大ヒットしたNHK大河篤姫」が舞台化されることが23日、分かった。来年2月4日から東京・明治座で「天璋院篤姫」として上演される。

 篤姫役には女優の内山理名(27)を抜てき。

05年、フジ系「大奥 華の乱」で徳川綱吉の側室・安子を熱演し、製作側も「品格と確かな演技力がある」と高評価。原作者の宮尾登美子氏(83)も内山のファンだったことから、白羽の矢が立った。

 内山の舞台は3作目。脚本は執筆中ながら、島津宗家の養女となる18歳から「江戸城無血開城」を果たした33歳前後までを演じる。1873年に開場した歴史ある明治座での初主演に「驚きと喜びでいっぱい。緊張もありますが、自分の持てる力をぶつけて、精いっぱいよい座組を作っていきたい」と話している。

 製作のきっかけは全話平均24・5%の視聴率を記録した作品の圧倒的人気と「真実の篤姫」への挑戦。大河では宮尾氏の小説を篤姫の幼少期など鮮やかに脚色したが、舞台版は原作を忠実に描く。

 栄華を極めた将軍家を扱うだけに衣装、セットはかつてないほど豪華。美術は87年に紫綬褒章を受章した朝倉摂氏が務め、衣装代は5000万円以上。内山は約3時間の公演で20着以上の早着替えにも挑戦する。年明けにもけいこ入り。名古屋や大阪、篤姫の故郷・福岡での公演も計画中。

. 内山理名

YouTube - 内山理名
posted by ぴかまま at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック