2009年06月30日

映画「MW−ムウ−」のPRに、「NON STYLE」が一役

映画「MW−ムウ−」のPRに、「NON STYLE」が一役
2009年6月29日(月)19時39分配信 J-CASTニュース

手塚治虫原作の映画MW−ムウ−」が2009年7月4日に公開されるが、そのPRイベントが6月29日に東京・六本木で行われた。

映画に出演するイケメン俳優・玉木宏山田孝之にあやかって、お笑い界のイケメン?コンビ「NON STYLE」が登場。

NON STYLE」石田が玉木の扮する「結城美智雄」の真っ白なスーツ、サングラスに「つけひげ」姿で、「NON STYLE」井上が山田の扮する「賀来(がらい)裕太郎」の黒い神父の衣装でそれぞれあらわれ、トークを展開した。

会場に集まった女子大生30人を前に「玉木さんや山田さんが来ると思ったでしょ。そこそこの若手芸人が来ましたよ〜」と語りかけ、笑いを誘った。

その後、イベントを盛り上げるため「MW−ムウ−」イケメン宣伝隊長の称号をかけた「演技審査」があり、劇中のシーンが再現された。最初、シリアスな演技を披露していた石田が、突然バリバリの関西弁でセリフをしゃべったり、ひげが取れかけるなどのハプニングもあったが、観客の半分以上がこの演技を承認。見事「イケメン宣伝隊長」に就任する大番狂わせとなった。

「予定をくつがえすところがNON STYLEらしい。(あの演技は)120%ノープランのアドリブ。全力でやらせてもらいました」と自画自賛した。

石田の「熱愛同棲報道」に対しては、相方の井上が、「上半期一番おもしろくないニュース。住みたいなら勝手に住め」とこき下ろしていた。

映画「MW−ムウ−」2009年7月4日より、丸の内ルーブルほか全国ロードショー。


posted by ぴかまま at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。