2009年07月03日

佐藤浩市が織田裕二主演映画の秘密を暴露

織田裕二に佐藤浩市も!「ここだけの話」暴露で大盛り上がり!!
2009年6月25日(木)6時0分配信 シネマトゥデイ

-PR-
 映画アマルフィ 女神の報酬』の完成披露試写会が24日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、主演の織田裕二佐藤浩市が、キャストの知られざる素顔や撮影秘話を暴露し、会場に集まった約600人のファンを盛り上げた。

 本作は、日本映画として初となる全編イタリアロケを敢行したサスペンス超大作。ローマで発生した日本人少女誘拐事件を発端に、外交官の黒田康作(織田)がイタリア全土を巻き込む大規模連鎖テロの真相を突き止めようと奔走するストーリーだ。

 「奇跡が詰まった作品」と熱っぽく語る織田は、関係者向けの試写中、隣に座った天海祐希がクライマックスで感極まって涙を流したと暴露。これに対して天海も「泣かせていただきました。(登場人物たちの)いろんな思いが迫ってきて……」と少し照れながらも素直に認め、作品がサスペンスの枠を超えた感動作に仕上がったと、自信をのぞかせた。

 一方、佐藤は全編イタリアロケと銘打った本作で、唯一日本国内のセットで撮影したシーンがあると暴露。「プロデューサーには口外しないでくれと言われましたが……」と語る問題のシーンは、イタリアで撮影したもののフィルムが感光してしまい、仕方なく日本で再度撮影をしたんだとか。本作最大のセールスポイントに、ケチが付きかねないこの重大暴露に、織田らも一瞬苦笑したが、隣に立つ佐野史郎が「話は聞いていたが、どの場面? 観ていてもわからなかった」と逆にその撮影の見事さを絶賛し、大人のフォローで場を収めていた。

映画『アマルフィ 女神の報酬』は7月18日より全国公開

『アマルフィ』織田裕二に「車にひかれろ」と驚きの注文
織田裕二、「踊る大捜査線」青島俊作に続く当たり役ゲット!?
織田裕二×福山雅治、初共演「アマルフィ

★★★

佐藤浩市が織田裕二主演映画の秘密を暴露
2009年6月24日(水)20時40分配信 日刊スポーツ

 織田裕二(41)の主演映画アマルフィ 女神の報酬」(西谷弘監督、7月18日公開)の完成披露試写会が24日に東京・六本木で行われ、織田と共演した佐藤浩市(48)が“禁断の秘密”を明かした。

 同映画はセット部分を含め、全編イタリア国内で撮影したはずだった。ところが佐藤の出演場面の一部撮影フィルムが感光してしまい編集不可能となってしまった。佐藤は「これはプロデューサーから言わないでくれと言われましたが、もうぶっちゃけちゃいます。日本で1カットだけ撮っちゃいました」。予想外の“告白”に織田も苦笑い。佐藤は「(フィルム事故の)報告を聞いた時は帰国していたので、またイタリアに行くのかよ〜、と思いましたが、イタリアの撮影現場の採寸を記録してあったため、同じものを日本のスタジオに作って撮影したんです」と説明した。
 共演の佐野史郎(54)は「再撮影したのは聞いていましたが、どの場面なのか分からなかった。すごいですね」と感心していた。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。