2009年07月18日

女優復帰の松嶋菜々子 現場での評判上々

女優復帰の松嶋菜々子 現場での評判上々
2009年7月17日(金)15時0分配信 内外タイムス

女優復帰の松嶋菜々子 現場での評判上々

 復帰ドラマがもうすぐスタートする女優・松嶋菜々子(35)。以前と比べて、現場での評判がぐんと良くなったという。その背景には、ママタレへの変身と夫で俳優の反町隆史の不振があるようだ。

 松嶋菜々子の復帰作となるドラマ「救命病棟24時」第4シリーズ(フジテレビ)が、いよいよ8月から始まる。
 「W主演の江口洋介のバイク転倒事故により、放送開始が1カ月遅れる形となりましたが、松嶋にとっては約4年ぶりの連ドラ主演。かなり入れ込んでいるようです」(芸能ライター)
 それと同時に聞こえてきたのが、その“変身”ぶり。
 「まだ照明もついていないスタジオ内で、付き人を相手に台本読みをしていたとか、スタッフに手作りのおにぎりを差し入れしたというもので、以前の彼女を知るスタッフは、この話を聞いて驚いているそうです。彼女の場合、美人女優にありがちな、お高くとまっているような雰囲気が災いして、スタッフ間の評判はあまり芳しくなかったですからね。一度仕事をすると、次もぜひ、という声はあまり聞かれませんでした」(同)
 松嶋が変身した理由はなんだろうか。
 「それは、このところの“ママタレブーム”にあるのではないでしょうか」(芸能リポーター)

 元モーニング娘。の辻希美新山千春、読者モデル出身の益若つばさなど、出産や育児をオープンにして人気を博しているタレントが急増しているのだ。今年5月に長男を出産した長谷川京子も育児書の出版を考えているという。
 「先日、第2子妊娠を発表した江角マキコも、この路線を狙っているかもしれません。04年に長女、07年に次女を出産している松嶋が、こうした動きに刺激を受けないわけがありません」(同)
 そして、夫で俳優の反町隆史の不振も、松嶋のママタレ転向に拍車をかけているようだ。
 「反町は07年の主演映画『蒼き狼 地果て海尽きるまで』が不発に終わり、昨年主演した連ドラ『ロト6で3億2千万円当てた男』(テレビ朝日)もヒトケタ視聴率に終始してパッとしませんでした」(芸能ライター)
 ここで松嶋もコケてしまっては、“夫婦共倒れ”になってしまうのだ。
 「夫婦仲は良く、今回反町は、松島の台本読みの相手になっているそうです」(同)
 これが本当の夫唱婦随ならぬ婦唱夫随というところか。

雑誌、テレビに出まくっている松嶋菜々子の誤算
2009年7月6日(月)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 こんなはずじゃなかったのに……。「救命病棟24時」(フジテレビ)で4年半ぶりに連ドラに本格復帰する松嶋菜々子が雑誌、テレビなどに出まくっているが、肝心の連ドラのスタートがあと1カ月も先なのだ。

 7日に始まる予定だった「救命病棟」に突然のアクシデント。そう、主演の江口洋介のバイク事故だ。松嶋は久々の大役だけに、ドラマのスタートに合わせて積極的にPR活動を行った。まず今秋放送のフジ開局50周年記念アニメ「ジャングル大帝」で、レオの母親役としてアニメ声優に初挑戦することを発表。29日には「SMAP×SMAP」(同)にゲスト出演もこなした。

 6月末発売のテレビ誌4誌でインタビューに応じ、「an・an」「with」「Grazia」といったファッション誌にも登場している。

 だが、ドラマが始まらない。松嶋のために出演や発売の予定をずらすことができなかったか。

(日刊ゲンダイ2009年7月3日掲載)

私生活を伏せてきた松嶋菜々子がママタレを目指す不思議


posted by ぴかまま at 06:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内外タイムスから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。