2009年07月25日

堀越日出夫の「私、テレビの味方です」 深田恭子 コスプレありきのドラマ制作は大正解!

堀越日出夫の「私、テレビの味方です」 深田恭子 コスプレありきのドラマ制作は大正解!
2009年7月22日(水)15時0分配信 内外タイムス

 今週は、意外にもおよそ1年ぶりの登場となるフカキョンこと深田恭子(26)を取り上げる。

 今年のフカキョンは映画ヤッターマン』でのドロンジョ様役に始まり、写真集もバカ売れし、大河ドラマ『天地人』にも出演するなど、怒涛の勢いで活躍中。

『キリンチューハイ氷結』のCMにも二の腕をぶるんぶるん言わせながら好評出演中だ。そろそろ休みをあげてもよさそうなのに、攻めダルマと化したフカキョンは7月スタートの連ドラにヒロイン・ドロシーとして出演している。

 タイトルは『華麗なるスパイ』(日本テレビ系)。

TOKIOの長瀬智也(30)演じる主人公とフカキョンが手を組んで、ミッションをこなしていくという内容なのだが、まあ、そんなストーリーはこの際どうでもいい。問題はフカキョンがどう扱われているか、だ。

 ドラマに疎い私でも、劇中でアイドル女優がどう扱われているかぐらいは興味があるので調べてみると、というか『おもいッきりDON!』(日本テレビ系)に番宣で来ていたフカキョンを見て知ったのだが、なんとコスプレ三昧だというではないか! これは見たいっっ!!

 どういうところからこのドラマの企画がスタートしたかは知らないが、「どうにかしてフカキョンにコスプレさせた方がいいんじゃね?」的なところから始まったことは疑いようがない。それも『ヤッターマン』のドロンジョ様を見事に演じたフカキョンを見てから決めた可能性大。

 いや、今回ばかりはその意気やよし! つまりは、「フカキョンを魅力的に見せるためにはどうしたらいいのか?」という逆算からスタートしているわけで、だとしたら番組作りとしては圧倒的に正しい。

フカキョンといえば、完全に個人の魅力で勝負するタイプの人だから、まず「いかにフカキョンを魅力的に見せるか?」というゴールを設定して、それから内容を決めればいいのだ。フカキョンのコスプレ姿に内容が伴えば、高視聴率も期待できるし、こりゃもうフカキョンに“ひと肌”脱いでもらうしかない!

 『おもいッきりDON!』にはバスガイド姿で登場したフカキョン。す、す、素晴らしすぎる! こんなもん見せられたら、初回も2回目も見たくなるじゃないですか! 今年のアイドルMVP候補筆頭は今のところフカキョンを置いて他にいないです!

<ドラマ視聴率>長瀬智也の「華麗なるスパイ」が15.6%の好スタート


posted by ぴかまま at 06:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内外タイムスから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。