2009年07月30日

NHK「天地人」子役が歌手デビュー

NHK「天地人」子役が歌手デビュー
2009年7月29日(水)22時42分配信 スポニチ

-PR-
 NHK大河ドラマ天地人」の主人公・直江兼続の幼少時代を演じた加藤清史郎(7)が29日、東京・渋谷の同局で行われた「みんなのうた」の会見に出席した。

 8〜9月の同番組で「かつおぶしだよ人生は」を歌う。7歳ながら「小さいころから歌が好き」と話して笑いを誘い「よく歌うのはMr.Childrenの“HANABI”」と明かした。映画「パコと魔法の絵本」に出演した子役のアヤカ・ウィルソン(11)は「ひよこぐも」を歌う

加藤清史郎は引く手あまた
2009年7月30日(木)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 昨年は「崖の上のポニョ」の主題歌を歌った子供タレント・大橋のぞみ(10)が大ブレーク。今年のナンバーワンはというと、加藤清史郎(7)で決まりだろう。

 加藤はNHK大河ドラマ「天地人」で妻夫木聡が演じる主人公の子供時代を熱演。「わしは、こんなところに来とうなかった」という名ゼリフと、ポロポロ涙をこぼすけなげな演技が評判になり、NHKに「あの子は誰?」「また出してほしい」といった声が殺到。急きょ、加藤が再登場する回想シーンが追加されたほどだった。

 その後もドラマのゲスト出演が続き、現在は「任侠ヘルパー」(フジ)にレギュラー出演中。また、“こども店長”としてトヨタ自動車のCMで堂々とメーンを張っている。8月1日公開のディズニー映画「ボルト」のプレミアイベントにもゲストとして招かれるなど、いまや引く手あまた。

 劇団ひまわりに所属する加藤は2歳でドラマデビュー。3歳から同劇団幼稚部のレッスンに通い始め、日本舞踊やダンスも学んだという。

 テレビに引っ張りだこになり、子供とはいえどれだけ稼いでいるか気になるが……。

「子役のギャラは安い。それでも、大橋や加藤のように有名になると、ドラマで数十万円、CMなら数百万円は稼ぐでしょうね。安達祐実が大ブレークした12歳の頃の年収は8000万円だったといいますから、順調なら数千万円は稼ぐかも」(マスコミ関係者)

“子役ドリーム”はまだまだ続く。

(日刊ゲンダイ2009年7月27日掲載)


NHK大河ドラマ「天地人」第2回「泣き虫余六」23.5%
NHK大河ドラマ「天地人」第1回「5歳の家臣」視聴率24.7%


YouTube - 2009 0116涙の天才子役・与六役の加藤清史郎
加藤清史郎のプロフィール/写真/画像 - goo ニュース


posted by ぴかまま at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。