2009年08月19日

原由子、外科医で初ドラマ!19年ぶり女優

原由子、外科医で初ドラマ!19年ぶり女優8月19日8時6分配信 サンケイスポーツ

ドラマに初出演する原由子

 今年からソロ活動に突入したサザンオールスターズ原由子(52)が、19日放送の日本テレビ系「赤鼻のセンセイ」(水曜後10・0)でドラマ初出演することが18日、分かった。

映画「稲村ジェーン」以来19年ぶりの女優業で、19日発売の12年ぶりソロシングル「夢をアリガトウ」が主題歌に起用された縁から、外科医役での友情出演が決定。新米教師を演じる主演俳優、大泉洋(36)を、子育て経験者の原が自然体の演技でバックアップする。

 優しい澄んだ歌声でドラマを盛り上げる原が、演技でも後押しすることになった。

 これまで、夫でサザンのボーカル、桑田佳祐(53)が監督し、1990年に公開された映画「稲村ジェーン」に看護師役で出演したが、ドラマ出演は初めて。女優業も実に19年ぶりとなる。

 「赤鼻のセンセイ」は、病院内に設置された院内学級を舞台に、大泉扮する新米教師の奮闘を描いた物語。原は病院に勤務する外科医役で、急性虫垂炎で倒れた大泉を温かく見守る大切な役どころだ。

 きっかけは番組サイドのオファーだった。主題歌を提供してもらった縁で、ダメ元で原サイドに打診。彼女にとってドラマ主題歌は、97年放送のNHK朝ドラ「甘辛しゃん」の「涙の天使に微笑みを」以来約12年ぶり。シングル発売もそれ以来で、サザンの全メンバーにとっても今年に入ってソロ活動第一弾作になる。それだけに、主題歌「夢をアリガトウ」を盛り上げていきたいとの思いから出演を快諾した。

 14日に東京近郊のスタジオで行われた撮影では、精巧に作られた病院のセットにいたく感心。撮影場面やセリフについてアドバイスされた大泉から「緊張しますか!?」と聞かれると、原は「もちろん緊張してますよ。私緊張すると笑っちゃうんです」とニッコリ。

 何度もリハーサルを重ね、その間にセリフを練習するなど熱心に取り組んだ。その結果、本番では監督から一発OKが出るなど、強心臓ぶりを見せつけたという。

 そんな原の温かい人柄が詰まったシーンは、19日放送。ドラマ出演はもちろん、演技は超貴重だけに高視聴率が期待できそうだ。



★★★

酒井法子容疑者の毛髪から成分検出 鑑定結果は「クロ」

“悪女”を演じる名取裕子のイメチェンは成功するか
加藤ローサさん(恋して悪魔)女優は「早く成熟するかも」
桜庭ななみさん(ふたつのスピカ)いろんなドラマに出たい
市原隼人さん(猿ロック)もっともっと表現したい


posted by ぴかまま at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。