2009年09月03日

興収50億が見えた! 20世紀少年の成功は“秘密”

興収50億が見えた! 20世紀少年の成功は“秘密” 9月2日16時57分配信 夕刊フジ

映画20世紀少年 最終章

 浦沢直樹原作の長編人気マンガを総製作費60億円を投じて映画化した実写版シリーズ三部作の3作目「20世紀少年最終章〉ぼくらの旗」(堤幸彦監督)が公開され、好調なスタートを切った。配給元の東宝では早くも50億円突破のソロバンを弾く。何がファンを引きつけているのか。

 夏休み最終盤に公開された「ぼくらの旗」は、8月29、30日の2日間に全国で約68万人を動員、興行収入は約8億7000万円に達した。

 1作目「終わりの始まり」(昨年8月公開)が興収39億円、2作目「最後の希望」(今年1月公開)が興収30億円。「観客の出足から見積もって、3作目は50億円が十分見込める」と配給元はホクホクだ。

 物語は、幼なじみの男女が人類滅亡の危機に立ち向かう壮大なSFで、原作は全22巻、2500万部の発行部数を誇る。それだけに上映が決まった当初は、コアなファンから「映像化は無理」という声があがり、映画評論家には「3部作とは長すぎる」など批判的な見方もあった。

 豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦らが出演する映画の脚本は原作者の浦沢氏に加え、漫画編集者やテレビドラマのヒットメーカーらが共同であたった。今回の「ぼくらの旗」については、とくに原作と異なるラストシーンの情報漏れを徹底管理した。

 「試写会では、最後の10分間を封印して見せなかった」と一部の評論家からブーイングがあがったものの、それがかえってファンの飢餓感を煽りヒットに結びついたようだ。

 パソコンと携帯電話によるアンケートによると、映画館に足を運んだ観客の男女比は64対36。年齢別では20代が最も多く23.4%、次いで40代が22.9%。「小学生とその親という家族連れも目立っている」(都内の劇場)

 また、DVDとブルーレイで発売された2作目の「最後の希望」は、発売1週目に売り上げランキングの首位を獲得。8月28日には日本テレビ系「金曜ロードショー」でオリジナル製作の「20世紀少年〜もう一つの第2章〜」を放送するなど、メディアミックスによる攻めの姿勢を見せている。

<20世紀少年>「最終章」公開2日で興収8億円突破 シリーズ最高「50億円見込める」
8月31日19時12分配信 毎日新聞

 29日公開された映画「20世紀少年−最終章−ぼくらの旗」の興行収入が、公開2日間で8億7400万円を記録、3部作で最高のスタートを切ったと配給元の東宝が明らかにした。同社は「最終的には50億円を見込める」としている。

 「20世紀少年」は浦沢直樹さんの人気マンガが原作。主人公のケンヂらが小学生のころに地球の滅亡について書いた「よげんの書」が、謎の人物「ともだち」の手で30年後の20世紀末に実行されてしまうというSFサスペンスを、唐沢寿明さんや常盤貴子さんら豪華キャストで映画化。「最終章」は、試写会でも公開しなかった原作と異なる結末が描かれるラスト10分に注目が集まっていた。

 同社によると、動員数は2日間で67万7000人。21日に映画「第1章」が、28日にスペシャル版「もう一つの第2章」が日本テレビ系で放送された効果もあり、2日間の興行収入は1、2作目の約1.4倍という好スタートとなった。【立山夏行】


posted by ぴかまま at 04:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。