2009年09月14日

“緩んだ体”にモザイク?沢村一樹の入浴ーン

“緩んだ体”にモザイク?沢村一樹の入浴シーン
2009年9月11日(金)22時46分配信 スポニチ

青森県弘前市でねぷたまつりを再現したロケを行った沢村一樹

 今年8月の「弘前ねぷたまつり」で実際に登場した高さ約5メートルのねぷたとお囃子(はやし)、約400人の地元エキストラで祭りを再現。「ヤーヤドー」の掛け声が響く中、沢村は「雰囲気がいいですね」と笑顔。

 内田康夫氏原作のルポライター探偵・浅見光彦が主人公の人気シリーズで、同局は94年から2時間ドラマで放送。2000年から沢村が演じており、すでに14作が放送されている。連続ドラマは1話完結で毎回、日本の各地を舞台に名所、名湯なども伝えるとしており、沢村の入浴シーンが毎回登場する案も浮上。

 1、2話はすでに台本に設定されており、「水戸黄門の由美かおるさんのポジションを担います。体をモザイクギリギリまで出すかもしれないし、モザイクが出るかも」とニヤリ。ただ「撮影の10日前に言われて(準備しておらず)体は緩みっぱなしです」と苦笑いだった。

沢村一樹“浅見光彦”で連ドラ初主演


タグ:沢村一樹
posted by ぴかまま at 02:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。