2009年09月29日

<つばさ>期間平均視聴率13.8% NHK朝ドラで最低記録

「チャレンジを完遂できた」 朝ドラ最低視聴率「つばさ」プロデューサー配信元:イザ、2009/09/28 12:11更新

NHK朝の連続テレビ小説つばさ」が過去最低の平均世帯視聴率だったことを受け、NHKは28日、後藤高久チーフ・プロデューサー(CP)が「私たちスタッフは最後までブレることなく、従来の連続テレビ小説から一歩踏み出すチャレンジを完遂できた」と強気のコメントを発表。朝の連ドラ史上最低の視聴率だったことには直接には触れなかった。

 つばさの平均視聴率は関東地区で13・8%、関西地区で11・3%と伸び悩んだ。後藤CPのコメントは以下の通り。

 「『つばさ』はさまざまな心に抱える痛みや傷を描くことをテーマとしながら、暗く悲しい物語ではなく、朝から元気の出るものにしたいと考え、笑いと涙の振り幅の大きいドラマ作りを目指してきました。それは従来の連続テレビ小説から一歩踏み出す新しいチャレンジでもありました。私たちスタッフは最後までブレることなく、チャレンジを完遂できたと思っております。『つばさ』をごらんいただき、ありがとうございました」

多部ちゃん涙…NHK朝ドラ「つばさ」やっぱり史上最低9月28日16時58分配信 夕刊フジ

 ワースト更新…。26日に終了したNHK連続テレビ小説つばさ」(総合)の期間平均の視聴率(ビデオリサーチ調べ)が関東地区で13.8%、関西地区で11.3%だったことが28日、分かった。両地区とも昨年放送の「」の15.2%(関東)、14.8%(関西)を下回る史上最低記録となった。

 期間最高視聴率は、関東地区が初回の3月30日と4月2日の17.7%。関西地区は3月30日の14.6%。今月26日の最終回は関東地区が17.0%で、関西地区は11.7%だった。

 「つばさ」は埼玉県川越市が舞台で、ヒロイン・つばさ(多部未華子)を中心に、家族の絆の再生を描いた作品。

<つばさ>期間平均視聴率13.8% NHK朝ドラで最低記録9月28日11時7分配信 毎日新聞

10日にはNHK大阪放送局で新番組「ウェルかめ」のヒロイン、倉科カナさんを多部未華子さんが激励する「バトンタッチ」もあった

 26日に終了した多部未華子さん主演のNHK連続テレビ小説つばさ」の期間平均世帯視聴率13.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)で、08年に放送された「」の15.2%を下回り、同社が視聴率集計を始めてから過去最低だったことが明らかになった。

 「つばさ」は、江戸時代の風情が残る「小江戸」と呼ばれる埼玉県川越市を舞台に“二十歳のおかん”と呼ばれる老舗の和菓子屋の娘つばさの奮闘を描いた。【立山夏行】

<NHK連続テレビ小説>ヒロイン、バトンタッチ 倉科さん「共演者がウミガメに見えてきた」

Audience Rating TV ~ドラマ視聴率~

視聴率ランキング(総合/ドラマ)


posted by ぴかまま at 04:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。