2009年10月08日

凛子8年ぶり連ドラ!“ライアーゲーム”の天才教授役に「楽しみ」

凛子8年ぶり連ドラ!“ライアーゲーム”の天才教授役に「楽しみ」

 女優の菊地凛子(28)が、フジテレビ系新ドラマ「ライアーゲーム シーズン2」(11月10日スタート、火曜・後9時)に出演することが7日、分かった。

菊地は2007年に「バベル」で米アカデミー賞助演女優賞にノミネートされるなど、最近は映画界を中心に活躍しており、連ドラにレギュラー出演するのは01年に放送されたNHK朝の連続ドラマ小説「ちゅらさん」以来、約8年ぶりとなる。

 1999年に新藤兼人監督(97)の「生きたい」で女優デビューして以降、映画を中心に存在感を発揮。最近の活躍がめざましい菊地が、初めて連ドラのメーンキャストに挑む。

 「ライアーゲーム」は、集英社「週刊ヤングジャンプ」で連載中の甲斐谷忍氏の漫画を原作に、07年4月に戸田恵梨香(21)と松田翔太(24)のコンビでドラマ化。午後11時の深夜枠での放送だったが、平均視聴率11・9%を記録し、ゴールデンタイム枠での続編が決定。

映画化「―ザ・ファイナルステージ」(10年2月6日公開)されることも決定している。

 菊地が演じるのは、原作にはないオリジナルの登場人物・葛城リョウ。松田演じる元天才詐欺師・秋山深一の同級生で帝都大学心理学科の史上最年少教授という役どころ。巨額を賭けてだまし合う数々のゲームで、秋山を破ったことのある唯一の存在。秋山の最強のライバルとして頭脳戦を繰り広げる。

 菊地は無名だった07年に、映画「バベル」で日本人女優として故・ナンシー梅木さん以来、約半世紀ぶりに米アカデミー賞助演女優賞にノミネート。以降、来年公開予定の映画「ノルウェイの森」(トラン・アン・ユン監督)など話題作にも出演するようになり、今回の8年ぶりの連ドラへのレギュラー出演にも「また新しい経験ができると思うとワクワクする」と話す。

 ドラマは映画の撮影の流れで9月中旬にクランクインしており、菊地は今月下旬ごろから撮影に参加の予定。「どういった頭脳戦が繰り広げられるのか。また葛城がどうやって松田さん演じる秋山深一と戦っていくのかを楽しみながら演じていきたい。今から撮影が楽しみ」と心待ちにしている。

(2009年10月8日06時02分 スポーツ報知)

映画「ノルウェイの森」大胆な性描写…アノ女優に決定

戸田恵梨香、「彼氏にするなら…」と意外な人物を指名

★★★

戸田恵梨香50億ゲットしたら「沖縄に家買う」

製作報告会見に出席した吉瀬美智子、松田翔太、戸田恵梨香、鈴木浩介、渡辺いっけい 

戸田恵梨香(20)、松田翔太(23)が主演する映画「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」(来年2月6日公開、松山博昭監督)の製作報告会見が13日、東京・成城の東宝スタジオで行われた。

 2007年4月放送のフジテレビ系連続ドラマの映画化で、同ドラマの続編「シーズン2」(11月スタート、火曜・後9時)も決定。お人よしの女子大生(戸田)が天才詐欺師(松田)に助けられながらマネーゲームに挑む。「シーズン2」ではゲームの4回戦と準決勝、映画では決勝戦が描かれる。

 戸田は劇中の賞金50億円をゲットしたら「沖縄におうちを買ってバカンスしたい。残りは貯金です」。松田は「映画館を造って、ぼくが撮ったものをタダで流す」と夢を語った。

(2009年8月14日06時00分 スポーツ報知)


posted by ぴかまま at 06:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。