2009年10月08日

台風18号 長野県飯田市の南へ到達

台風18号 長野県飯田市の南へ到達10月8日8時59分配信 産経新聞

 愛知県知多半島付近に上陸した台風18号は8日午前7時、長野県飯田市の西南西を北北東へ進んだ。台風の上陸は平成19年9月の9号以来2年ぶり。その後は8日夜にかけて本州を北東に進み、9日には北海道付近に達する見込み。気象庁は暴風や高波、大雨、高潮に厳重に警戒するよう呼びかけている。

 台風の影響で、東海道新幹線が東京−新大阪間で上下計18本の運休が決まるなど、交通機関に影響が出ている。

 気象庁によると、台風は8日午前7時現在、飯田市の西南西約30キロを時速50キロの早さで北北東へ進んでいる。中心の気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心の南東側220キロ以内と北西側170キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 8日午後6時には、秋田県横手市付近を中心とする半径90キロの円内に達する見込み。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルが予想される。

 8日、和歌山県那智勝浦町の色川で1時間に79.5ミリ、津市の白山で64.0ミリなど、各地で10月としては観測史上最多の雨量を記録。9日朝までの24時間に、東北300ミリ、北陸180ミリの雨が予想される。三重県の尾鷲で最大瞬間風速42.0メートル(10月として観測史上最強)、愛知県の新城で41.1メートルを観測した。

鉄道ダイヤに大幅乱れ=空の280便が欠航−台風18号上陸で・鉄道航空各社10月8日8時27分配信 時事通信

 台風18号が日本列島に上陸した8日、鉄道各社は始発から一部区間での運転を見合わせ、路線によっては運行本数を大幅に減らした。ダイヤに大幅な乱れが出ており、通勤、通学の足に影響。空の便も約280便が欠航した。
 JR東海は、東海道新幹線で東京と新大阪発の始発は定刻の午前6時に出発したが、雨量が規制値に達した三河安城−名古屋間など2区間で一時運転を見合わせた。これに伴い、大幅な遅れが出る見込みで、「のぞみ」上下18本の運転を取りやめる。
 JR東日本は、成田エクスプレスや特急の午前中の運休を決定。東北・長野などの新幹線で一部運転を見合わせた。山手線も全線ストップし、中央線や京浜東北線などの運転は半減させる。
 一方、JR西日本の新大阪−博多間の山陽新幹線は始発から通常通り。JR東海の新幹線に遅れが出ていることから、臨時列車を出して対応する。
 また、全日空は国内・国際線合わせて176便が欠航。日本航空は107便が欠航で、運行便にも一部で遅れが出るとしている。 

台風情報


タグ:台風18号
posted by ぴかまま at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。