2009年10月29日

天才鍵師復活!市原隼人の「猿ロック」映画化

天才鍵師復活!市原隼人の「猿ロック」映画化

 俳優・市原隼人(22)主演の日本テレビ系ドラマ「猿ロック」が、映画「猿ロック THE MOVIE」となって、来年2月27日に公開されることが決まった。

ドラマの開始から約7か月での映画公開という異例のハイペースで、比嘉愛未(23)を新ヒロインに迎えた。主人公の天才鍵師サルを愛する市原からは、早くもシリーズ化宣言も飛び出した。

 天才鍵師・サルがスクリーンで復活することになった。

 「猿ロック」は芹沢直樹氏の人気コミックが原作。どんな鍵でも開けてしまう鍵師サルが神懸かり的な技を駆使して、さまざまな事件を解決していく。ドラマは今年7月から今月15日まで深夜帯に放送されていた。映画版では規模もストーリーもスケールアップ。謎めいた美女マユミ(比嘉)の依頼で、銀行の金庫を開けたサルこと猿丸耶太郎が警察に追われる身となり、マユミと共に大逃走劇を繰り広げる。

 撮影は全編ロケで、9月30日にスタートし、来月中旬に終了予定。来年2月27日に全国250館規模の公開を目指す。 髪を銀色に染め上げ、義理人情に厚く、威勢のいいサルを熱演している市原は「根本的にはドラマも映画も同じですが、映画はより一層、人情味があふれる、熱いバイブスがあふれるものになっていると思います」。カーチェイスなどの激しいアクションにも体当たりで挑んでいる。

 「ROOKIES」のドラマ、映画で大ブレークした直後の作品だけに、市原自身もこのサルに対する思い入れは強い。「自分はこの猿ロック、そして猿丸耶太郎が大好きなので、いうまでもなくシリーズ化できればいいですね」という大きな野望もしっかり胸に秘めている。

 NHK朝ドラのヒロインから人気ドラマの常連となっている比嘉は、市原との初共演に「イメージどおりに純粋で、まっすぐで、自分をしっかり持っている、本当に男らしい方だなあと思いました」。

 今回は初めての悪女役で「今まで演じた役の中で一番苦労した役でした。自分には悪女気質がまったくないんです」。沖縄育ちの清純派は、悪戦苦闘の日々を送っている。

(2009年10月29日06時03分 スポーツ報知)

市原隼人さん(猿ロック)もっともっと表現したい

大河ドラマ「天地人」から飛び出す女優は寡黙なこの人比嘉愛未

★★★

フジ「不毛地帯」 視聴率も不毛の理由

加藤清史郎は黒柳徹子に、大河ドラマ「天地人」でのアノ名ぜりふをリクエストされ、披露する
(10/28)中村勘太郎・前田愛、2ショット結婚会見 「とても清々しい気持ち
(10/28)ミポリン帰国、12年ぶり主演映画完成会見に笑顔で出席

AKB48、オリコン1位記念にアメーバピグでファンに感謝

井上真央、主演映画で“岡田将生”人気を実感「これはイケる!」
(10/27)NHK大河「龍馬伝」 注目ポイントは真木よう子のロケット乳の使い方

インフルで休校・閉鎖急増、最多の1万4千施設


posted by ぴかまま at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。