2009年11月13日

盛り上がらない節目の第60回紅白に「どうなっているの」

盛り上がらない節目の第60回紅白に「どうなっているの」
2009年11月9日(月)10時0分配信 日刊ゲンダイ

-節目の60回を迎える今年の「紅白歌合戦」。薬物事件の陰に隠れて例年以上に盛り上がっていないが、これで記念の番組が大丈夫なのかという声が上がっている。

 3日、いきなり紅白の司会者が発表された。司会者は紅白最初のサプライズになるのが普通。

名前発表の日に会見も行われ、翌日はスポーツ紙に大きく掲載される。ところが、今年は名前が発表され、仲間由紀恵中居正広のコメントを流しただけの寂しい内容だった。意表を突いたのは発表が祝日ということだが、驚きというより、「どうして?」と首をかしげる人ばかりである。

 また、仲間、中居にしてもこれまで何度も司会を任され、コンビを組むのは今年で3回目だ。会見は後日行われるというが、意図的に盛り上げないようにしている印象すらある。

「島田紳助が白組の司会者という情報もありましたが、仲間・中居は既定路線で発表を待つだけでした。今週に入って出場歌手などもある程度、調整がついたようで、発表のタイミングだけを計っている状態でした」(マスコミ関係者)

 そのタイミングも2日押尾学、9日酒井法子の裁判関連を避けたとしか思えない。こんな後ろ向きなNHKも珍しい。

 これで出場者にサプライズがなければ視聴者はガッカリ。「今年は話題性のある歌手が少ないから期待薄」(事情通)という。紅白は大丈夫か。

日刊ゲンダイ2009年11月6日掲載)

紅白の司会者決まる!今年も仲間&中居コンビ

. 第60回NHK紅白歌合戦


posted by ぴかまま at 06:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK・紅白歌合戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。