2009年11月18日

<NHK>「朝ドラ8時」検討…生活習慣変化、視聴率が低迷

<NHK>「朝ドラ8時」検討…生活習慣変化、視聴率が低迷11月18日2時32分配信 毎日新聞

 NHKが来年4月から、朝のニュースを13分短縮し、連続テレビ小説朝ドラ)の開始時間を午前8時とする改編を検討していることが分かった。放送時間変更は48年ぶりとなる。

 朝ドラの開始時間は第1作(61年4月〜62年3月)のみ午前8時40分で、62年4月スタートの2作目から同15分となった。だが最近、平均視聴率が低迷。09年前期の「つばさ」は13.8%(関東地区)。共働き家庭の増加などで生活習慣が変化したことが一因とされ、開始時間繰り上げで再起を狙う。

 NHKは、09年度から3カ年の経営計画で「接触者率(放送、インターネットなどで1週間に5分以上NHKを見たり、聞いたりした人の割合)80%」を目標に設定。改編案が浮上した。一方、同計画は報道強化も提示していることから、ニュース短縮には異論が出ており、正式決定まで曲折が予想される。【岩崎信道】

「ウェルかめ」主演倉科カナの“朝ドラ史上最強巨乳”
『ウェルかめ』人気の理由は


posted by ぴかまま at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。