2009年11月26日

市川海老蔵「結婚は来年中に」

市川海老蔵「結婚は来年中に」11月25日21時24分配信 産経新聞

会見する市川海老蔵

 25日、東京・丸の内で行われた新橋演舞場1月公演の制作発表会見での市川海老蔵(32)との一問一答は次の通り。

 −−彼女と知り合って一番変わったことは

 「意外とおれの中では変わっていないんですよ」

 −−結納とかの予定は

 「はっきり決まってから改めてお話しします」

 −−彼女の魅力は

 「すごく純粋な方ですね。それが僕としては一番ひかれた

 −−ご両親が「あんなに殊勝なせがれを見たのは初めてだ」と言っていたが、大きな心境の変化があったのか

 「絶対に見つからないような行動を瀬戸際までやって初めて父と母に話したものですから。家に呼んだので緊張した。ここで失敗するわけにはいかないし。緊張感があったし、純粋な彼女に対して僕も敬意を持って接したことが父にはそう映ったのでしょう。僕としては変わったつもりはない」

 −−自宅に連れて行くときに彼女に何と言った

 「向こうのご両親に先にお会いしていたので、一度僕の父と母に会ってくださいと」

 −−お互いを何と呼び合っている

 「恥ずかしいね、これ(笑い)。いや、下の名前を呼ばせていただいてます」

 −−「さん」づけではなく呼び捨てで?

 「いや両方ですね。向こうは『さん』をつけてくださっています。今のところは(苦笑)」

 −−「海老蔵さん」ですか

 「いや、本名ですね」

 −−「孝俊(たかとし)さん」?

 「あまり大きな声で言われても困るんですけども(苦笑)」

 −−「愛し続けます」という言葉に対して、麻央さんは何と言っていたか

 「大変喜んでいました。(麻央のまねをして)『ウレシイ』と(場内爆笑)」

 −−実際にプロポーズの言葉は

 「感じ悪いんですけど、日々がそういうことですね」

 −−毎日「愛している」と言っているんですか

 「もちろん。甘い? 甘くないですよ、普通ですよ」

 −−今回ばれなかったという部分で、新春花形歌舞伎でも共演する(中村)獅童さんからのアドバイスは

 「彼のアドバイスはアドバイスにならないので(場内爆笑)」

 −−新春花形歌舞伎に麻央さんは来るんですか

 「歌舞伎が好きなので、来るんじゃないですか」

 −−どんな姿を見せたい?

 「別に。いつも通りです。そんなに気負うこともなく、お客さまが一番大事ですし」

 −−どんな料理を作っている?

 「僕は今、肉を食べないし、魚は根本的に食べない。だからゆでた野菜とか比較的難しくはない(料理)」

 −−結婚はいつごろ?

 「来年中にできればいいですね。まず舞台があるので、僕のスケジュールを見ていれば何となく春や秋じゃないかと思われるが、そのころじゃないですかね」

小林麻央 デキちゃった婚だった!?
「恋から」同期が意味深ブログ 小林麻央 消えない妊娠説

温かく見守って」小林麻央 NEWS ZEROで海老蔵との婚約間近を報告


タグ:市川海老蔵
posted by ぴかまま at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。