2009年12月22日

<東京DOGS>最終回視聴率は14.0%,JIN:最終回は視聴率25.3% 民放連ドラでは今年最高

<東京DOGS>最終回視聴率は14.0%12月22日10時5分配信 毎日新聞

ドラマ「東京DOGS

 小栗旬さんと水嶋ヒロさんが主演のフジテレビ月9ドラマ東京DOGS」で21日放送された最終回の視聴率が、平均14.0%(関東地区)を記録したことが22日、ビデオリサーチの調べで分かった。

 「東京DOGS」は、ニューヨーク市警のエリート刑事、高倉奏(小栗さん)と、警視庁特殊捜査課の警察官・工藤マルオ(水嶋さん)の“迷コンビ” が繰り広げる刑事ドラマ。奏とマルオが出会うきっかけとなった事件にかかわる謎の女・松永由岐を吉高由里子さんが演じた。ほかに、三浦友和さん、田中好子さん、大塚寧々さん、勝地涼さん、東幹久さんらが出演していた

★★★

JIN:最終回は視聴率25.3% 民放連ドラでは今年最高

 20日放送された大沢たかおさん主演の医療ドラマ「JIN 仁」(TBS系)最終回(第11話)の平均視聴率は25.3%を記録したことが21日、ビデオリサーチの調べ(関東地区)で分かった。第8話(11月29日放送)の22.3%を上回り、瞬間最高は29.8%だった。全話平均が19.0%だった。民放のテレビドラマでは09年最高となった。

 「JIN 仁」は、大学病院の脳外科医だった南方仁(大沢さん)が、幕末の江戸にタイムスリップし、満足な医療器具や薬もない状態で人々の命を救う中、坂本龍馬や勝海舟ら実在の志士たちと知り合い、歴史の渦の中に巻き込まれていく物語。最終回は、仁は乳の岩(乳がん)が疑われる野風(中谷美紀さん)を再診。野風の身請け話の行方が恋人・未来(中谷さん2役)の存在にかかわると考えた仁は、明らかに乳がんの兆候が見える野風に対し、「悪性かどうかはわからない」と言葉を濁し、手術に踏み切ることができなかったが、咲(綾瀬はるかさん)らの説得に心を動かされ、手術を行う……というストーリー。85分拡大スペシャルで放送された。

 「JIN」は毎週日曜日午後9時の「日曜劇場」枠で放送し、初回は16.5%で、その後も順調に視聴率を伸ばし、11月8日放送第5話で20.3%を記録、今秋放送開始された連続ドラマでは初めて20%を超えた。29日放送の第8話はドラマの前に世界ボクシング評議会(WBC)のフライ級タイトルマッチの内藤大助−亀田興毅戦が放送されたことでそれまでの最高記録22.3%を記録していた。【細田尚子】



posted by ぴかまま at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。