2009年12月23日

瑛太「次は監督賞」試行錯誤の1年乗り越え自信…報知映画賞表彰式

瑛太「次は監督賞」試行錯誤の1年乗り越え自信…報知映画賞表彰式

兄弟役の阿部サダヲから花束を贈られた瑛太

◆第34回報知映画賞表彰式 助演男優賞・瑛太(22日、ザ・プリンス・パークタワー東京) 

歩んできた道が間違っていなかったことを心の底から実感した。ズシリと手に感じるブロンズ像の重みとともに、スポットライトがあたる舞台で、瑛太はその思いを強くした。

 「素晴らしい賞をいただいてすごくうれしいです。やっぱり俳優になって本当に良かった、と思いました。これからも胸を張って俳優であることに誇りを持ちたいです」。モデルとして芸能活動を始め、俳優に転向。今年は立て続けに4本の映画が公開され、幅広い演技が評価された若手実力派俳優も、自分が俳優に向いているのだろうか、と自問自答する日々だったという。

 「(思い悩むことは)ずっと感じていました」と瑛太。それでも最年少での助演男優賞という評価に素直に喜んだ。演技論で悩み、表現方法で試行錯誤する毎日だった。それでも前に進んでいることは感じている。現在は、舞台「東京月光魔曲」(Bunkamuraシアターコクーン)に出演中。「舞台(出演)がすごく自分自身をいい方向に持って行ってくれる。映像の仕事をやりたいという気持ちを増長させてくれる」

 「なくもんか」で共演した阿部サダヲら、映画スタッフと談笑し刺激も受けた。「阿部さんは同じ感覚、同じ目線で話してくれる。鶴瓶さんとはもっとすごいシビアなもので共演したい。師弟関係でなく、親子役をやってみたい」と夢は広がるばかりだ。

 「またこういう場所に戻ってきたい。今度? 新人賞は無理なので監督賞か主演(男優賞)ですかね」。瑛太はしっかりと前を見据えている。

 ◆瑛太(えいた)本名・永山瑛太。1982年12月13日、東京生まれ。27歳。99年から「EITA」を名乗りモデルとして活動。2001年に「さよなら、小津先生」でドラマデビュー。「ウォーターボーイズ」やNHK大河ドラマ「篤姫」などに出演し人気に。今年は「ヴォイス〜命なき者の声〜」で月9初主演。「怪談 牡丹燈籠」で初舞台を踏んだ。弟は俳優の永山絢斗。身長179センチ。



posted by ぴかまま at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 報知映画賞
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。