2009年12月25日

『天地人』が1位 2009年“ドラマ視聴率10傑”出揃う! 定番ジャンルの人気の高さ実証

『天地人』が1位 2009年“ドラマ視聴率10傑”出揃う! 定番ジャンルの人気の高さ実証12月25日11時0分配信 オリコン

1位のNHK大河ドラマ天地人』。

 10月〜12月期の主要な連続ドラマが最終回の放送を終え、2009年のドラマ視聴率のベスト10がほぼ出揃った。1位は、俳優の妻夫木聡が“愛と義”に生きた名将・直江兼続を熱演したNHK大河ドラマ『天地人』(1月25日放送)の26.0%。

2位には、大沢たかお主演で10月クール連続ドラマの話題を独占した『JIN--』(TBS系)の最終回(12月20日)が25.3%と飛躍。今年のTOP10を改めて振り返ると、“歴史”“医療”“刑事”など、定番ジャンルの人気の高さが、改めてうかがえる結果となった。

 1位の『天地人』は、“義”と“愛”の精神を持つ戦国武将・兼続の生涯を妻夫木が熱演。また、兼続の幼少期・樋口与六を演じた子役・加藤清史郎の愛くるしい表情も人気を呼び、「わしはこんなところ来とうはなかった」というフレーズは『2009 ユーキャン新語・流行語大賞』にノミネートされるなど話題に。初回から最終回までの平均視聴率も21.2%と、ここ10年の大河ドラマでは2008年の『篤姫』(24.5%)、2002年の『利家とまつ・加賀百万石物語』(22.1%)に次ぐ数字を記録。来年放送される、福山雅治主演の『龍馬伝』への期待も高まることとなった。

 2位の『JIN--』は、現代から幕末の日本にタイムスリップした脳外科医・南方仁(大沢)が、医療器具も満足に無い時代に江戸の町人たちを救おうとする歴史SF。25.3%は、今年度民放ドラマ最高視聴率であり、全11回の平均視聴率も19.0%と、10月期の民放連ドラでは最高となった。最終回が続編を匂わす結末で締めくくられたことから、さまざまな憶測がささやかれているが、“ドラマのTBS”復活の狼煙を上げた作品であることは間違いない。

 3位には、木村拓哉が天才脳科学者に扮した『MR.BRAIN』(TBS系)が24.8%で相変わらずの“視聴率男”ぶりを見せつけた。

また、同じく“医療モノ”としては、山下智久主演の人気シリーズのSP特番『コード・ブルードクターヘリ緊急救命新春SP』(フジテレビ系)の23.1%が4位に登場。来年1月期の“月9”枠で再び続編が放送されるだけに、こちらも期待が高まる。

 また今年の傾向として、良質な“SPドラマ”が高視聴率を記録している。6位にランクインした『刑事一代・平塚八兵衛の昭和事件史』(テレビ朝日系)は、渡辺謙が伝説の刑事・平塚八兵衛に扮し、鬼気迫る演技を披露。渡辺自身も「心の底から誇れる作品と出会えた」と語っており、多くの視聴者を魅了。今年度の社会派ドラマの台頭を広く印象付けた作品となった。

 同ランキングは、ビデオリサーチ社(関東地区)による12月25日現在のデータで、連続ドラマは最高視聴率をもとにランキング化。

大ブーイング!ぐだぐだ最終回「JIN」映画化?TBS意外な反応

山P、また月9主演…「コード・ブルー」続編
posted by ぴかまま at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック