2010年01月31日

夫・辻仁成新作ヒットせず…ミポリン日本に出稼ぎで出戻り!?

夫・辻仁成新作ヒットせず…ミポリン日本に出稼ぎで出戻り!?
2010年1月28日(木)19時0分配信 リアルライブ

 23日より劇場公開された話題作『サヨナライツカ』にて、12年ぶりの映画主演を務めた中山美穂

2002年に作家兼ミュージシャンの辻仁成と結婚・渡仏以来、表舞台から姿を消していた彼女が、PR活動のために帰国、今までの姫っぷりが嘘のように各メディアで露出し続けたのは記憶に新しい。

 しかし、いくら主演映画のPRとはいえ、今やすっかり「あの人は今」状態になったミポリンが、なりふり構わずバラエティ番組で頭を下げまくる姿には、どこか痛々しいモノがあった。いったい何が、彼女をここまで駆り立てるというのか?

 「いわば出稼ぎですよ。かつては“芥川賞作家”という肩書で商売ができた旦那ですが、その受賞も13年前の話です。今や芥川賞ブランドもすっかりメッキが剥げ落ちて、作品の売上も、芥川賞受賞直後と比較すればだいぶ落ちているという評判です。6歳になった長男の養育のことを考えると、もはや旦那の収入をアテにするわけにもいかないということですよ」(辻・中山夫妻をよく知る編集者談)

 中山にとって「出戻り」「出稼ぎ」「出直し」と、「出」づくしの再起作『サヨナライツカ』は、相手役・西島秀俊との濃厚なラブシーンが話題となっている。しかし官能描写でありながら肌の露出は一切なく、「濡れ場でミポリンのヌードが!?」と期待して劇場に足を運んだ男性客からは、一様に失望の声が挙がっているという。

 一方の夫・辻はこの夏、自らの原作の映画化作品『ACASIA』で、なんとアントニオ猪木を主演に起用、自身も監督・脚本を務め勝負に懸けるが、00年代前半の格闘技ブームの頃と比べて人気・商品価値ともに暴落した今の猪木に頼ったところで、はたしてどれだけの集客が期待できるというのか。

 かつて誰もがうらやむセレブカップルだった辻&中山夫妻が、今や生き残りを懸けて必死にもがいている。時の流れは残酷だ。

夫のため?一肌脱ぐ中山美穂

★★★

NHK大河 2年連続で同じ事務所のタレントが主演に決まった事情


posted by ぴかまま at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | リアルライブから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。