2010年02月02日

【ドラマの見どころ!】 実はみんな大好き! パワハラ、職場いじめドラマ『泣かないと決めた日』

【ドラマの見どころ!】 実はみんな大好き! パワハラ、職場いじめドラマ『泣かないと決めた日』 2010年2月1日(月)16時30分配信 リアルライブ

今回の【ドラマの見どころ!】は、榮倉奈々主演『泣かないと決めた日』(フジテレビ系)。

映画『余命1ヶ月の花嫁』では、“生命力に溢れすぎるガン患者”を演じて違う意味で感動をさらった榮倉ちゃん。今度は、そのクソ真面目そうなイメージを生かしてなぜか職場で疎まれる新人OL役に挑戦。イジメっ子OL役に話題の劇団の“アノ人”も参戦し、これまた過激さが加速中。初回からボロボロの榮倉を見るのはちょっと胸が痛むが、こういうムカツク子ってどこの会社にもいるよねー。

 幼い頃に妹に怪我を負わせた事を悔やむ22才の角田美樹(榮倉奈々)は、憧れだった葵井商事に入社し、海外食品本部へ配属となったが、些細なミスを犯した事が原因で、周囲の先輩社員達から、執拗な嫌がらせを受け始める。それでも美樹は、怪我の後遺症の残る妹や、父を亡くし経済的に困窮する母を支える為に会社で働き続けなければならない。

 「イジメは子供だけのものですか」というキャッチ・コピーなんだけど、いじめの度合いがまだまだ甘い。さすがに同僚の万里香()の裏切りで冷凍庫に閉じ込められる美樹はかわいそうだが、多かれ少なかれ学生気分の抜けない新人社員の目に会社の先輩が冷たく映るのは当たり前。ウラヤマシイ藤木直人要潤という、イケメンの先輩が美樹の味方になってくれるんだけど、はあ?彼らは若い女がオナニーする為のオカズのような人たち、ナイナイ、現実は。この不景気、自分だっていつクビ切られるかわからないのに、後から入ってきた社員にやさしくする人ってあんまりいないわ。オカマのお局から言わせてもらうと、“若い芽”は摘んどくに限るのよ。

 注目なのが、美樹の教育係を命じられている早苗を演じる町田マリー。この女優は、映画『美代子阿佐ヶ谷気分』(坪田義史監督)ではガンガン脱いでいるんだけど、この人が所属する「毛皮族」の舞台がまたメチャメチャ過激。ドラマどころじゃないの、毎回びしょ濡れなのよ。今後、どうやってこのたたき上げの舞台女優・町田マリーがアイドル女優の榮倉奈々を痛めつけるか、そこのところが『泣かないと決めた日』の見どころね。(チャッピー

非モテ!? 曲げられない女&まっすぐな男

NHK大河 2年連続で同じ事務所のタレントが主演に決まった事情
アデランスCMの正解が話題に


posted by ぴかまま at 04:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。