2010年02月12日

草なぎ主演5夜連続ドラマ、膨大なセリフに悲鳴

草なぎ主演5夜連続ドラマ、膨大なセリフに悲鳴2月12日7時1分配信 スポニチアネックス

 TBSが「SMAP」の草なぎ剛(35)主演で初の5夜連続ドラマを制作することになった。

開局60周年記念の橋田壽賀子ドラマ「JAPANESE AMERICANS」(今秋放送予定)で、草なぎは日系移民2世の男性とその父親役で、初の2役を演じる。橋田作品初挑戦でセリフの多さに悲鳴を上げている。一方、橋田氏は今回のドラマを「私の遺言」としている。

 ドラマは終戦65年記念作品でもあり、100年前に米国に渡り、逆境と闘い続けた日系移民の家族を通して、橋田氏の生涯のテーマ「戦争と平和」を描く。

 草なぎは苦労して農場主となった日系1世と家族のために米軍へ志願し、ヨーロッパへ出征する日系2世役を演じる。

 橋田作品はセリフの多さで有名だが、今回は毎回2時間計10時間の放送が予定されており、台本は5冊で計574ページに及ぶ。草なぎは「凄く多い。覚えるのは大変だと思う」と思わず悲鳴を上げた。さらに初の2役。「1つのドラマで2役できるのでぜいたく」と喜びながらも「どうするんだろう?」とつぶやいた。

 橋田作品に1000作以上出演し、2世の母親を演じる泉ピン子(62)にアドバイスを求めたが、「“コツはない。ひたすら覚えるしかない”と言っていた。攻略法はないようです」。その上、撮影期間は米国ロケ2カ月を含む5カ月弱を予定する壮大なスケール。「(ボリュームは)映画5本分だと思う。どうするんだ、オレ。死んじゃうかもしれないな〜」

 さらに、演出の福澤克雄氏(46)は映画「私は貝になりたい」(08年)で監督を務めた際、主演の中居正広(37)にクライマックスシーンの撮影前、「1週間前から食を断ってほしい」と鬼指令を出した実績がある。草なぎは、台本のト書きでわずか2行しかない米軍の訓練シーンに戦々恐々。「台本にはそんなに書いてないのに、台本2ページ分ぐらいの撮影をするみたい。やばい感じになりそうですね」と心配そうに打ち明けた。

 近日中にこの訓練シーンでクランクイン。まる2日間を使った撮影が予定されている。「緊張も不安もあるが、大きなチャンス。家族愛、人間愛、平和の大切さ、戦争の恐ろしさ…いろいろなテーマが含まれていてやりがいを感じている。全身全霊でやっていきたい」と意気込んだ。

★★★

玉置宏さんが脳幹出血で死去 後日「お別れの会」


posted by ぴかまま at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。