2010年02月21日

国母、服装正し帰国へ〔五輪・スノーボード〕

国母、服装正し帰国へ〔五輪・スノーボード〕(時事通信) 2/21 2:00 コメント数:137件

 【バンクーバー時事】バンクーバー五輪に出場した国母和宏(東海大)らスノーボード・ハーフパイプ(HP)日本代表が20日、当地から帰国の途に就いた。バンクーバー入りの際、服装が乱れていて問題になった国母は、ほかの選手らと同じようにネクタイは締めていなかったが、代表選手団の正装を着崩さずに空港に現れ、搭乗手続きなどをした。
 ファンとの写真撮影に快く応じ、報道陣からの「五輪への思いは」との問いにも「(これまでと)変わらない」と穏やかに答えた。
 国母の服装問題は全日本スキー連盟が出場辞退を申し出る騒動に発展。橋本聖子日本選手団長の判断で出場が決まり、8位に入った。 (了)

<五輪スノーボード>国母は8位 トリノの雪辱、プロの本音
国母選手、応援に感謝=橋本団長は「判断に間違いなし」〔五輪・スノーボード〕
国母、メダルに届かず=決勝で大技、痛恨の失敗ハーフパイプ〔五輪・ハイライト〕
取材NGの国母、雪上では生き生き笑顔、国母寝過ぎ?「体が動かないっす」
国母の応援会中止=東海大〔五輪〕(
ピアスも消えた…スノボ国母が謝罪会見
国母が謝罪、五輪出場へ=橋本団長、「責任全うを」と決断〔五輪・スノーボード〕


posted by ぴかまま at 04:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。