2010年02月21日

生田斗真 初主演映画で涙の舞台あいさつ

生田斗真 初主演映画で涙の舞台あいさつ2月20日9時32分配信 デイリースポーツ

 俳優・生田斗真(25)が19日、都内で初主演映画「人間失格」(20日公開)のプレミアナイトに登場し、舞台あいさつで号泣した。

三田佳子(68)、大楠道代(63)ら共演女優が生田の演技を絶賛。荒戸源次郎監督(63)の「生田斗真を本当、褒めてやって下さい」の言葉に感極まって涙がこぼれたもの。客席の女性ファンから「頑張れ!」の声が飛ぶ中、生田は「幸せです。ありがとうございます」と声をしぼり出した。

 また、フィギュアの高橋大輔の銅メダル獲得にも感激。「どういう職業でも同年代の方が頑張っているのは勇気をもらえます。僕もこの映画でメダルを獲りたい」と高らかに宣言した。

映画「人間失格」主演の生田斗真「太宰文学の敷居の高さをゆるめるのが自分の役割」

青窈の名曲「ハナミズキ」が映画化、新垣結衣と生田斗真で10年愛を描く

<五輪フィギュア>高橋が銅 日本男子史上初メダル


posted by ぴかまま at 04:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。