2010年02月25日

『チーム・バチスタの栄光』続編もドラマ化 ジェネラル・ルージュ役に西島秀俊

『チーム・バチスタの栄光』続編もドラマ化 ジェネラル・ルージュ役に西島秀俊
2010年2月25日(木)7時0分配信 オリコン

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』で伊藤淳史仲村トオルのコンビが再び! 

 2008年10月に放送されたドラマ『チーム・バチスタの栄光』(関西テレビ・フジテレビ系)の続編である『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』が、4月6日より放送されることが24日、わかった。医師で作家の海堂尊氏原作の医療ミステリーで、09年3月公開の映画版に続いて映像化される。前作に引き続き、人の良い心療内科医・田口公平役を伊藤淳史、厚生労働省の変人官僚・白鳥圭輔役を仲村トオルが演じる。また今作の中心人物となる“ジェネラル・ルージュ”の異名を持つ天才救命医・速水晃一役には、西島秀俊を起用。伊藤は「田口先生を、また演じられる事になり、大変嬉しく思っています。仲村トオルさんと、またコンビを組ませていただける事がとても楽しみです!」と続編放送への喜びを明かしている。

 累計780万部突破の大ベストセラーである『チーム・バチスタの栄光』シリーズ。シリーズ最高傑作の呼び声高い第3作『ジェネラル・ルージュの凱旋』にオリジナルストーリーを加えて再びドラマ化が決定した。舞台は、現代医療の最前線である救命救急センター。田口は救急精神医療責任者として、白鳥は病院監査のため過酷な救命現場に飛び込む。救急患者の受け入れを決して断らない救命救急センター部長・速水の周囲に渦巻く収賄疑惑の真相を田口と白鳥のコンビが究明していく。

 仲村は「足掛け3年以上携わる役は、記憶に間違いがなければこの25年で3つ目です」と、今作を映画『ビー・バップ・ハイスクール』、ドラマ『あぶない刑事』シリーズ以来の長期に渡って関わる作品だと告白。「白鳥圭輔は貴重で大切にしたい役で、後年振り返った時、『あれもひとつのターニングポイントだったかな』と思うような作品になる予感があります」と自信を覗かせる。

 また、今作の最重要人物“ジェネラル・ルージュ”を演じる西島は「救命センターという戦場で闘う“血まみれ将軍”と呼ばれる謎めいた男を演じる。そう考えるだけでワクワクしています。思いきり演じたいと思います」と、こちらも気合い十分だ。

 そのほかにも、お笑いコンビ・TKOの木下隆行、加藤あい、戸次重幸、白石美帆らバラエティに富んだ共演者たちが物語に華を添える。

 主演の伊藤は、子役時代にバラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげです』(フジテレビ系)の“仮面ノリダー”でチビノリダー役を演じ話題に。97年、映画『鉄塔 武蔵野線』で映画初主演を果たし、05年にはドラマ『電車男』(フジテレビ系)に主人公役で出演。7月3日公開の映画『踊る大捜査線THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』では、故・いかりや長介さんが演じた和久平八郎のおいで新人刑事の和久伸次郎役を演じる。

<バンクーバー五輪>真央、ヨナの舞 フィギュア女子SP視聴率最高32.6%、占拠率47.9%


posted by ぴかまま at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。