2010年03月02日

キムタク社長、10年ぶり純愛…08年以来フジ「月9」ドラマ主演

キムタク社長、10年ぶり純愛…08年以来フジ「月9」ドラマ主演
 SMAP木村拓哉(37)が4月期スタートのフジテレビ系主演ドラマ(タイトル未定、月曜・後9時)で社長役に初挑戦する。「月9」ドラマは2年ぶりで、本格的なラブストーリー。08年の「CHANGE」では首相役を演じ、最高視聴率27・4%をマーク。各局のドラマが低迷する中、恋に悩む新たなキャラクターを演じる木村がどこまで視聴率を伸ばせるのか注目だ。

 キムタクが2年ぶりに月9に帰ってくる。首相役を務めた08年「CHANGE」以来だ。これまで、月9ではピアニスト(ロングバケーション)、検事(HERO)、アイスホッケー選手(プライド)などさまざまな役を演じてきたが、今回は初の社長役に挑戦する。

 木村が演じるのは業界トップに躍り出るような急成長する会社を、一代で築き上げた若きリーダー。華やかなベンチャー企業の社長らに注目が集まる昨今、どのような社長像を表現するのかも見どころの一つだ。かつて「GOOD LUCK!!」でパイロット役を演じた際は、パイロットへの就職希望者が殺到するなど、木村の演じる役柄は影響力が大きい。

 テーマは「王道ラブストーリー」。デキる男が女性との出会いにより、変化していく姿を描く。キムタクがラブストーリーに出演するのは、美容師役を演じ最高視聴率41・3%を記録した「Beautiful Life」以来、10年ぶりだ。

 後藤博幸プロデューサーは「恋をしたいと理屈抜きで思っていただけるようなラブストーリー、そして不況にあえぐこんな時代だからこそ希望を持てるドラマにしたい」と説明。さらに「木村さん演じる主人公の“今まで見たことのない”キャラクター像には要注目。収入も社会的立場も年齢も全く異なる面々が織り成す、先の読めない展開にご期待ください」と気合十分だ。相手役のヒロインや、ほかのキャストは「豪華な顔ぶれ」としており、後日発表予定。

 最近の各局ドラマは低迷が続いており、NHKの大河ドラマ「龍馬伝」が“一人勝ち”の状態だ。恋に悩む新キャラを演じる木村が、どこまで視聴率を伸ばせるのか注目が集まる。

キムタクがドラマを選ぶポイント
posted by ぴかまま at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック