2010年03月09日

倉科カナ 朝ドラ収穫はウェルかめ精神〜倉科カナ、民放ゴールデン連ドラ初出演

【ドラマの見どころ!】 最後の最後に倉科カナの巨乳は見られるか? 『ウェルかめ』

倉科カナの女優人生はどうなるのか
よゐこ濱口 16歳年下朝ドラヒロインと熱愛

★★★

倉科カナ 朝ドラ収穫はウェルかめ精神3月9日9時22分配信 デイリースポーツ

 「スタジオパークからこんにちは」に出演した倉科カナ

 NHK連続テレビ小説ウェルかめ」のヒロイン・倉科カナ(22)が8日、東京・渋谷の同局で「スタジオパークからこんにちは」の公開生放送に出演した。朝ドラの撮影終了から18日が経過したが、10カ月間の撮影を振り返り「すごく変わったと思う。“ウェルかめ”精神で、ウェルカムというか…柔軟になったと思います」と笑顔。今後の抱負を問われると「ウミガメは世に出ても生まれた場所に戻ってくる。私も大きな甲羅を見せに(NHKに)戻って来たいですね」と、作品名にかけて活躍を誓っていた。

倉科カナ、民放ゴールデン連ドラ初出演3月9日7時52分配信 サンケイスポーツ

 NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」(月〜土曜、前8・15)に主演する女優、倉科カナ(22)が、4月スタートの日本テレビ系連ドラ「Mother」(水曜後10・0)に出演することが8日、分かった。民放のゴールデン枠での連ドラ出演は初めて。

 倉科は、2月27日から「Mother」の北海道ロケに参加。同18日に9カ月間にわたる朝ドラ撮影が終了したばかりだったが、「演技への責任感や取り組み方など、朝ドラで学んだことを生かして初心に戻って演じたい」と目を輝かせた。

 主演の松雪泰子(37)が長女を演じる三姉妹の三女役。北海道の小学校教諭である長女が、母親から虐待を受ける教え子を救うため、母親代わりになることを決意し逃避行。三女は長女を探しに東京から北海道に向かう…という内容。テーマは疑似母娘を通じて描かれる「母性」だが、サスペンス的な要素も含まれる。

 次屋尚プロデューサーは「倉科さんの等身大の魅力が存分に発揮できる役で、さらに彼女のイメージを越える新たな一面も発見できれば」と期待を寄せる。倉科も「私を育ててくれた母親の『母性』に感謝しながら演じます」と難しいテーマに真正面から取り組むことを誓った。


posted by ぴかまま at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 倉科カナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。