2010年03月22日

吉川晃司、有りきのドラマ…初民放で元戦場カメラマン役

吉川晃司、有りきのドラマ…初民放で元戦場カメラマン役3月22日8時0分配信 スポーツ報知

 歌手の吉川晃司(44)がフジテレビ系ドラマ「素直になれなくて」(4月スタート、木曜・後10時)に出演することが21日、分かった。吉川が民放のドラマに出演するのは初めて。制作サイドが吉川を想定して作ったという元戦場カメラマン役。2月に25周年ツアーを終えたばかりだが、俳優としても新たな一面を切り開く。

 昨年、NHK大河ドラマ「天地人」で織田信長役を好演した吉川晃司が、今年は民放ドラマに初進出する。

 吉川が出演する「素直になれなくて」はインターネットのつぶやきサイト「ツイッター」を通じて知り合った男女が、本当の仲間になるまでを描く青春群像劇。吉川は主人公のカメラマン中島圭介(瑛太、27)の父親・中島亮介役を演じる。

 亮介は戦場カメラマンとして活躍していたが、取材中に負傷し帰国後は仕事を転々。息子に金を無心することも。一方、息子の圭介は父に嫌悪感を抱きながらも父の写真にあこがれ同じく戦場カメラマンを目指す。

 若者中心の群像劇だが、フジテレビの中野利幸プロデューサーは大人側のキャスティングによりこだわったそうで、企画段階から吉川を想定して役を作ったという。「大人の魅力とヤンチャな感じが出る魅力的な役。吉川さんの存在感を最大限に生かしたい」とコメントしている。

 吉川も「深い影をもった元戦場カメラマンという設定に興味を持ちました。どんな影なんでしょうか? 楽しみですね」とオファーを快諾し、撮影を心待ちにしている。

 ほかに上野樹里、東方神起のジェジュンらが出演。吉川は単発ドラマも含め、民放ドラマは初挑戦だが「天地人」ほか、映画「チーム・バチスタの栄光」などで演技力は証明済み。旬の若手俳優陣とどう絡んでいくのか、注目を集めそうだ。

東方神起・ジェジュンがドラマ初出演!! 瑛太、上野樹里らと“Twitter”ドラマで共演3
フジテレビ「ツイッタードラマ」 初心者北川悦吏子で大丈夫?
瑛太、上野樹里のダブル主演で初の“Twitter”連ドラ! 脚本は北川悦吏子
posted by ぴかまま at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック