2010年03月28日

大河「龍馬伝」で抜群の存在感を見せつける意外な脇役たち

大河「龍馬伝」で抜群の存在感を見せつける意外な脇役たち
2010年3月28日(日)10時0分配信 日刊ゲンダイ
-
●次々にユニークな面々が登場して盛り上げている

 現在も好調な大河ドラマ龍馬伝」。

ゆかりの地に観光客が押しかけて関連グッズも売れる社会現象が続いているが、内容も濃い。

主役の福山雅治、これに続く香川照之大森南朋も光るが、これらを引き立てている脇役も評判で名前、素性などわからない人が多い。

 土佐藩参政の吉田東洋。先週は土佐勤王党の武市半平太を木っ端みじんにしたが、この役で圧倒的な威圧感を見せつけているのは、テレビではあまり見ない田中泯

「舞踏家として活躍する傍ら、田中は映画『たそがれ清兵衛』や『隠し剣鬼の爪』で重要な役を演じました。NHKではドラマ『ハゲタカ』に出演して、この演出を担当したのが『龍馬伝』でも演出担当の大友啓史という縁で起用されました」(NHK関係者)

 吉田の甥の後藤象二郎役を演じているのは青木崇高だが、冷酷な演技がドラマに緊張感を与えている。

青木はNHK朝ドラ「ちりとてちん」で貫地谷しほりの夫を演じブレーク。後藤にそっくりと注目されている。

 長州藩の尊皇攘夷派・久坂玄瑞役で喜怒哀楽の激しい男はやべきょうすけ。映画「クローズZERO」で話題になり、小栗旬とも親しいことでも知られる。

 また、ドラマ初出演の2人も興味の的だ。ひとりは岩崎弥太郎の妻の喜勢を演じるモデル出身の>マイコ。映画出演での存在感では定評があり。セリフは少ないが、前回は「弥太郎役の香川を食った」と評価する声も上がっている。

 もうひとりは勤王党の那須信吾役を演じる天野義久。伊東美咲らと浮名を流した元ラグビー日本代表の青年実業家で、渡辺謙が所属する事務所からスカウトされたとか。今後は吉田東洋を暗殺する見せ場がある。

「龍馬伝」は“キャスティングの宝石箱”。ユニークな役者が続々だ。

(日刊ゲンダイ2010年3月25日掲載)

【ドラマの見どころ!】 いつになく“輝く”ヒロスエと、龍馬と福山雅治のドMぶりが発覚? 『龍馬伝』


posted by ぴかまま at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。