2010年03月29日

松下奈緒 NHK朝ドラ主演- 2010.03.28 10:00

松下奈緒 NHK朝ドラ主演- 2010.03.28 10:00

NHKの朝ドラ『ゲゲゲの女房』が明日からスタートする。ヒロインを務めるのは、女優で音楽家の松下奈緒

『ゲゲゲの鬼太郎』などで知られる漫画家・水木しげるとその妻の半生を描く本作を、「愛情豊かで、今だからこそ見たくなる作品」と自信を持って語っている。

松下の役どころは、原稿が売れない極貧生活の中、明るくおおらかに夫を支える妻・布美枝。19日に渋谷のNHKで行われた新旧朝ドラヒロインのバトンタッチ会見では、前作『ウェルかめ』に主演した倉科カナから「よく食べて、寝て、気負わない」と、長丁場の撮影を乗り切るコツを伝えられた。松下は、「自分に正直に、周りとうまくコミュニケーションをとりながらやっていければ」と意欲を新たに。

布美枝の夫・茂に扮するのは向井理。番組プロデューサーが「息はピッタリ」という2人だが、松下は初め、向井から“話しかけづらいオーラ”を感じていたそう。撮影が進むにつれて距離が近づき、今は向井から好感を持って“天然ボケ”な人と呼ばれるほど打ち解けている。ドラマは布美枝の祖母役に野際陽子、貸本屋店主役に松坂慶子とベテラン俳優が脇を固める一方、茂のアシスタント役に南明奈が起用された。なお、劇中ではおなじみの妖怪キャラクターもアニメや実写で登場する。

主題歌は「いきものがかり」の新曲『ありがとう』。ヴォーカルの吉岡聖恵は、「ともに歩んでくれる大切な人へ“ありがとう”を贈れる曲ができた」と満足げだ。

(ぽっち)

「ゲゲゲの女房」撮影スタートで多忙の向井理、「自分に料理を作ってあげたい」


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。