2010年03月30日

<ゲゲゲの女房>第1回視聴率は14.8% NHK朝ドラ、ワースト1位に

<ゲゲゲの女房>第1回視聴率は14.8% NHK朝ドラ、ワースト1位に3月30日10時6分配信 まんたんウェブ

 29日から放送が始まったNHK朝の連続テレビ小説ゲゲゲの女房」の第1話の視聴率14.8%(関東地区)だったことが、ビデオリサーチ調べで分かった。

関西地区では10.1%だった。妖怪マンガ「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげるさんの妻・武良布枝(むら・ぬのえ)さんを女優の松下奈緒さんが演じ、同枠で48年ぶりに放送時間を変更し、午前8時から放送されているが、歴代で「どんど晴れ」の14.8%(関東地区)を下回り、ワースト1位となった。

 主な舞台は昭和30〜40年代の東京都調布市。

楽天的で働き者の布美枝は、水木しげること夫の村井茂(向井理さん)と出会い、結婚する。底なしの貧乏生活の中、命懸けでマンガに打ち込む夫を支え、大らかに生きる布美枝の姿が描かれる。

「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する「ねずみ男」をモデルにした茂の幼なじみ、浦木克夫役を杉浦太陽さん、茂の才能を発掘する編集者を村上弘明さんが演じ、語りは布美枝の祖母役を演じる野際陽子さんが担当する。

 第1週は昭和14年、布美枝の実家がある島根県が舞台。呉服店の三女に生まれた布美枝は、引っ込み思案で目立たない少女だった。7歳のある日、体調を崩した叔母に会うため、実家から遠く離れた安来の町へ向かうが、その帰路、妖怪と不思議な少年に遭遇する。そして10歳に成長した布美枝は、姉の結婚をめぐる家族のトラブルに、思わぬ力を発揮する……という物語。主題歌はいきものがかりの「ありがとう」が起用されている。

 放送は9月25日まで全26週・156回を予定。BS2では29日から午前7時45分、BShiでは同日午前7時半に放送。【毎日新聞デジタル】

<ウェルかめ>最終回視聴率は13.3% 期間平均13.5%は過去最低

松下奈緒 NHK朝ドラ主演- 2010.03.28 10:00

1. 連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」

2. ゲゲゲの女房 - Wikipedia
3. ドラマトピックスブログ:NHKブログ | 連続テレビ小説 | 連続テレビ ...
4. 「ゲゲゲの女房」NHK連続テレビ小説放送決定
5. いよいよ! NHK朝の連続テレビ小説<br>「ゲゲゲの女房」3月29日 ...
posted by ぴかまま at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック